ものおきくろーむ @ ウィキ 天羅万象・零 > 北杜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天羅万象・零


キャラクター名:"黄金瞳の"北杜
PL名:上谷汐
性別:女
年齢:5歳
容姿:結わえた黒髪、白磁のような肌、黒革の目隠しで覆った黄金の瞳。
   細く子供のような体つき。

【アーキタイプ】 傀儡
         人形使い
         遊歴
         負け犬
【業コスト】   85
【能力コスト】 

【能力値】
【体力】 【敏捷】  【感覚】 【知力】 【心力】 【共感】 【天下】
4(8) 4(10) 6(4)   5    4    7    5 

《技能》                          
【体力】                          
格闘戦闘 ●○○○○     蟲術 ○○○○○           
【敏捷】                          
  運動 ●●○○○     隠身 ●○○○○     回避 ●○○○○
白兵戦闘 ●○○○○     忍術 ○○○○○     早業 ○○○○○
【感覚】                          
応急手当 ●●○○○     観察 ●●●○○     偽造 ○○○○○
射撃戦闘 ●○○○○     追跡 ●●●○○     枕事 ●●●○○
【知力】                          
陰陽術 ○○○○○    傀儡術 ○○○○○    事情通 ●●●○○
【心力】                          
 意志力 ●○○○○    神通力 ○○○○○     接合 ●●●○○
  兵法 ●●○○○     法術 ○○○○○           
【共感】                          
  芸事 ●●●○○     話術 ●●○○○           
【天下】                          
  軍略 ○○○○○     作法 ●●●○○     神術 ○○○○○
 帝王学 ○○○○○                      

《活力》【体力】+【心力】   《霊力》(【心力】+【知力】)*2
       8(16)            18      
《負傷ゲージ》(4(8):2(4):1(2):1(1))
軽症:  重傷:  致命:  死亡: 

武器名      :武器修正   :射率   :射程   :装填数  
彗星刀      :+3     :1    :5m   :1    
重連銃      :+3     :5    :50m  :30   
雷砲       :+7     :1    :4km  :1    
         :       :     :     :     

《因縁》
タイプ   :因縁名       :   
不幸    :一番大切なものの死 :●●○○○
秘密    :傀儡であること   :●●●○○
      :          :○○○○○
      :          :○○○○○
      :          :○○○○○
      :          :○○○○○
      :          :○○○○○

《所持品》
明鏡、魂緒、無間鉢金、機面金剛機
旅装、杖、思い出の品

《機面金剛機:地摺菊花》
姿形:一対多脚、無貌の機面金剛機。
   漆塗りの機体に金の装飾が施されている六脚機。
【体力】8【敏捷】10【感覚】4

頭部:索敵盤(1)測死眼(1) 残り0
胴体:散華(0)雷砲(1)    残り4
腕部:彗星刀(1)重連銃(1) 残り2
腰部:装備無し          残り2
脚部:装備無し          残り6

  • 索敵盤
 金剛機の視界を【感覚】*200mに拡張。<軍略>および戦に関する<帝王学>の判定+2d6
  • 測死眼
 <射撃戦闘>の判定に+2d6
  • 散華
 金剛機を自爆させ、半径15m以内に30点のダメージ

《特殊能力》
  • 胡蝶の夢
  • 金剛機高速機動

《設定》
傀儡師にして陰陽師であった"父"、潮牡丹の最後の作品。
彼は北杜を生涯手放すことなく、己の作品に魅入られたのだと噂されていた。
潮は病に倒れたと言われているが、親を亡くした北杜も時を同じくして失踪した。
幾人かの名代、豪商は捜索を繰り返したが、その行方は杳として知れないまま。
――"黄金瞳の"北杜は、己の身分を隠したまま今も、諸国を旅している。
彼の最期の願いは、愛娘と旅をしたい、ただ、それだけだったのだ。
旅の共は潮牡丹の陰陽師としての最後の作品"地摺菊花"。
心なき木偶の弟を連れて、彼女は今も旅を続けている。