ものおきくろーむ @ ウィキ ネクロニカ > るなねら


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永い後日談のネクロニカキャラクターシート

ドール名:るなねら
プレイヤー名:上谷汐
享年:12歳 /外見年齢:12歳 /性別:女  /暗示:罪人
髪の色:黒 /瞳の色:金 /身長:低かったかも /体重:パーツ部分は重いかも。生身はやせてるかも

寵愛:10(未使用:6)/初期配置:●煉獄、○花園、○楽園  /最大行動値:6+[5]=[11]
ポジション:ジャンク /メインクラス:ロマネスク /サブクラス:ゴシック


カルマ
●記憶のカケラを獲得する
●
●


■記憶の欠片
タイトル   :番号:記憶の内容
甘い唇    :03:
死去     :34:
ネクロマンサー:99:


■スキル
名称   :タイミング:コスト:射程  :効果
随行   :ラピッド :0  :自身  :他の姉妹が移動マニューバを使用した時、移動1
死の舞踏 :ジャッジ :0  :自身  :攻撃判定のサイコロを振り直す
時計仕掛け:効果参照 :なし :自身  :レベル3改造パーツを追加でひとつ取得
悪食   :オート  :なし :効果参照:自身の攻撃によって対象に発生させた切断判定は出目を-2する
     :     :   :    :


■未練 (狂気が溜まっている場合、○→●にしてください)
未練の対象 への 内容:狂気点 :発狂内容(詳細)
たからもの への 依存:●●○○:幼児退行(最大行動値-2)
リラ    への 信頼:○○○○:疑心暗鬼(自分意外の姉妹の最大行動値-1)
ラム    への 保護:○○○○:常時密着(対象のエリアへ最優先で移動)
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()


■マニューバ (セッション後損傷したままの物は、○→●にしてください)
武装【0】 変異【2】 改造【4】
◆頭(攻撃判定値10)
○名称    :タイミング:コスト:射程:効果
○のうみそ  :オート  :なし :自身:最大行動値+2
○めだま   :オート  :なし :自身:最大行動値+1
○あご    :アクション:2  :0 :肉弾攻撃1
○アドレナリン:オート  :なし :自身:最大行動値+1
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
◆腕(攻撃判定値9)
○名称     :タイミング:コスト:射程:効果
○こぶし    :アクション:2  :0 :肉弾攻撃1
○うで     :ジャッジ :1  :0 :支援1
○かた     :アクション:4  :0 :移動1
○ライトセイバー:アクション:2  :0 :白兵攻撃1+切断+連撃1
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
◆胴(攻撃判定値8)
○名称     :タイミング:コスト:射程 :効果
○せぼね    :アクション:1  :自身 :同ターン内の次カウントで使うマニューバ1つのコスト-1(最低0)
○はらわた   :オート  :なし :なし :なし
○はらわた   :オート  :なし :なし :なし
○スチールボーン:ダメージ :1  :自身 :防御1+切断無効化
○レーザービーム:アクション:3  :0~3:射撃攻撃1+切断
○あるびの   :ジャッジ :1  :0~1:支援1
○心臓     :オート  :なし :自身 :最大行動値+1
○写真     :オート  :なし :なし :たからもの。
○       :     :   :   :
◆脚(攻撃判定値7)
○名称     :タイミング:コスト:射程:効果
○ほね     :アクション:3  :自身:移動1
○ほね     :アクション:3  :自身:移動1
○あし     :ジャッジ :1  :0 :妨害1
○キャンサー  :オート  :なし :自身:ダメージに対して常に防御1。移動時、白兵・肉弾ひとつをラピッドで使用可能
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :
○       :     :   :  :

■失ってしまった最期の記憶
そんなに怯えた顔をしなくてもいい。君は一度死を選んだのだろう?
そう、君を抱きしめて離さないこの娘も、しばらくしたら君と同じ、死後の生を得ることになる。
喜びたまえ、生とは素晴らしいものだ。
それが例え【時計仕掛け】の、血の流れとは無縁な肉体へと変わったとしてもね。
君はこれから戦場へ送られる。君の望んだ死が待っている。【アドレナリン】に酔いながら、存分に【死の舞踏】を踊るといい。
何? 死にたかったわけではない? それがどうしたのかね。
まぁよい、君の傍らには常に死神が【随行】している。屍肉を喰らい、友の命を喰らい、そうして生き延びてしまった【悪食】ぶりを発揮するといい。
む、どうかしたのかね? あぁ、君の脚? 腕? それなら他の娘に回したよ。君にはもう必要ないだろう。
泣くな。喚くな。
なぜ喜ばない。君はもう簡単に死ぬことはない。鋼と肉の塊に生まれ変わったのだよ。
【ライトセイバー】で目前の敵を切り刻み、君の進路を阻む者には【レーザービーム】を撃ちこんでやれ。
そう、ようやく気づいたのだね。君の白く美しい【あるびの】の肌を見ていて、君に与えるならこの【キャンサー】しかないと思ったのさ。
白い肌に、同じく白塗りの多脚がよく似合っていると思わないかい?
さぁ、お別れだ。僕の愛しいバッドムーン。