ものおきくろーむ @ ウィキ ネクロニカ > 擁護天使 No.―――


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドール名:擁護天使 No.―――(名前等在って無き様なもの。好きに呼んでやるが宜しい)
プレイヤー名:理兵衛
享年: 12歳/外見年齢: 12歳/性別:女  /暗示:罪人
髪の色:白  /瞳の色:不明  /身長/小柄 体重:/軽薄

寵愛:  /初期配置:●煉獄、○花園、○楽園  /最大行動値:6+[4]=[10]
ポジション:アリス /メインクラス:バロック /サブクラス:ステーシー


カルマ
●記憶のカケラを獲得する
●
●


●記憶の欠片
タイトル:番号:記憶の内容
神様  :41:
戦火  :91:
    :  :


●スキル
名称 :タイミング:コスト:射程 :効果
お姫様:ダメージ :0  :0~1:自身がダメージを受けた際のみ使用可。対象の他の姉妹1体の次の「アクション」のコストを-1する(最低0)。
歪極 :効果参照 :なし :自身 :このスキルを取得した際、レベル3変異パーツを追加で1つ獲得する。このパーツは強化値に縛られず、修復する事も可能である。
再生 :ダメージ :1  :自身 :防御1、1ターンに何度使ってもよい。
庇う :ダメージ :0  :0~1:対象が受けたダメージを、代わりに自身が受ける。1ターンに何度でも使用可。
   :     :   :   :


●未練 (狂気が溜まっている場合、○→●にしてください)
未練の対象 への 内容:狂気点 :発狂内容(詳細)
たからもの への 依存:●●●○:幼児退行(最大行動値-2)
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()
      への   :○○○○:()


●マニューバ (セッション後損傷したままの物は、○→●にしてください)
武装【1】 変異【3】 改造【1】
◆頭(攻撃判定値10)
○名称    :タイミング:コスト:射程:効果
○のうみそ  :オート  :なし :自身:最大行動値+2
○めだま   :オート  :なし :自身:最大行動値+1
○あご    :アクション:2  :0 :肉弾攻撃1
○カンフー  :オート  :なし :自身:最大行動値+1
○やぶれひまく:ダメージ :0  :自身:防御2【歪極】
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
○      :     :   :  :
◆腕(攻撃判定値9)
○名称  :タイミング:コスト:射程:効果
○こぶし :アクション:2  :0 :肉弾攻撃1
○うで  :ジャッジ :1  :0 :支援1
○かた  :アクション:4  :0 :移動1
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
◆胴(攻撃判定値8)
○名称     :タイミング:コスト:射程 :効果
○せぼね    :アクション:1  :自身 :同ターン内の次カウントで使うマニューバ1つのコスト-1(最低0)
○はらわた   :オート  :なし :なし :なし
○はらわた   :オート  :なし :なし :なし
○やせぎす   :オート  :なし :自身 :バトルパートで1つの判定につき1回、「妨害」を無効化してよい。
○あるびの   :ジャッジ :1  :0~1:支援1
○アーマースキン:ダメージ :0  :自身 :防御1
○うろこ    :ダメージ :1  :自身 :防御2
○アクセサリ  :オート  :なし :なし :たからもの。翼持つ魚の縦記号を模した、朱色の装飾品。
○       :     :   :   :
◆脚(攻撃判定値7)
○名称  :タイミング:コスト:射程:効果
○ほね  :アクション:3  :自身:移動1
○ほね  :アクション:3  :自身:移動1
○あし  :ジャッジ :1  :0 :妨害1
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :
○    :     :   :  :

●設定
・神格
仏舎利細工の生ける守護天使像。
血と肉と臓物の末世に置ける歪な異形であり、磁器と石灰と遺骨の聖なる処女(おとめ)。

かつては目的――明白な目的を持っていた。
外観と機能が能弁に告げている、その役割、その由来――即ち、弱者の擁護を。
けれど、既にして擁護すべき弱者は居らず、奪い去られた名前の跡には、過ちが、それに纏わる痛みが疼く。
そういうものですよ――と、口に出す言葉は、我が事ながらに他人事で、諦念の溜息も思わず出るが、
しかして罪の意識もはっきりとあれば、彼女は立ち止まる事も無く、ただただ黙々と、世界を流離う。
何処かに生き残っているかも知れない、彼女を待っている弱者の為に――それが何処なのか、誰が弱者なのか、由来の由来も知らぬままに……

・外観と機能
石膏――【うろこ】気質の【アーマースキン】。顕微鏡で見れば珊瑚の細胞に似ている――に浸け込まれた、【やせぎす】飢餓児童の【あるびの】基体。
鼻頭より上部は、鳥の卵の如き球状兜によって眼孔含め覆われている。
その後頭部からは、髪の代わりに魚鱗を連想させる鋭利な羽根の積層【やぶれひまく】翼が地面に触れるか触れないかの長さまで、逆Vの字に伸びている。
戦闘時には防護幕として展開されるコレに痛覚は無く、いざとなれば、簡単に切断する事が出来る。【再生】も自在。
同様の材質のものが、手の甲から前腕に掛けて大きくと、胸部及び腰部にも折り重なっている。
さながらビキニスタイルのそれは、装甲と共に実際服飾の意味も兼ねており、腰部からは赤い布が、脚部を覆い垂れている。

直立不動ながら、何処と無く【カンフー】めいた機敏な所作を以て、腰布翻し翼部を広げ、
如何なる攻撃からも味方を【庇う】その姿は、西洋の天使と、東洋の菩薩の、歪な合いの子に見えなくもないだろう。

そう、そしてそこには、信仰があった。例えか弱き者なれど、この世には、それを救ってくれる者が居るという信仰だ。
全身の至る所に紅く掘り込まれている、翼持つ魚の縦記号――『ΙΧΘΥΣ』の尾を伸ばして、『F』に似た付け足しを持つ――として表現されているその精神は、
弱者が居なくなってしまった今も、形を変えて未だ御身に残っている――護るばかりで傷付ける術を知らぬ、生っ白(ちろ)い【お姫様】の立ち振舞として。
揶揄か嘲笑か憐憫か、姉妹の感情がその何れであれ、彼女が偶像、イコンである事には間違いあるまい――それが彼女の、唯一不変の役割なのだから。