※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水無灯里で学ぶムーアの法則

あきらです。

携帯電話を復活させました。
僕の持論は、モバイル機器は回線の高速化に伴って本体の機能は削られていく、です。
サーバーとの通信が容易になれば、処理をサーバー側で行いクライアントはその結果を表示するのみでビューア化していくのではないかと思います。
そのコンセプトを具体化したのがNECのLuiです。
これは本体はIEとソリティア、それとサーバーの遠隔操作しかできません。
記録装置もゼロスピンドルで、ユーザーがいじれるのは基本的にSDカードのみ。
まさにビューアそのものです。
Luiはまだまだ未完成でモバイル機器としての実用性は乏しいですが、こういうコンセプトもあるということです。

で、そういう使い方だと携帯電話でも十分なんですね。
スマートフォンにしようと思っていた時期もありましたが、別に携帯でもできるからそれでいいやってことで携帯を復活。
パケホーダイ・ダブルにMopera Uを付けてプロトコル制限なしのデータ通信ができるようにしました。

今eukrante.moe.hmって2chで焼かれてるんですよね。
IPアドレスを変更したら第三者の回線を焼くこともできるのかなあ。
こんなことなら自由にIP変えられるドメイン取っておけばよかった。

転送電話って知ってますか?
自分のところにかかってきた電話を別の電話番号に転送する機能です。
ポイントは転送先の着信履歴には転送された電話番号が残るため、誰から中継されているのか証拠が残らない点です(電話かかっている最中は中継の電話番号も表示される?未確認)
だから
番号通知でイタ電する→相手が怒ってかけてくる→ターゲットに転送
ターゲットに番号通知で電話→かけ直してくる→ヤバい電話に転送
といった使い道があります。
ドコモでは月額料金無料なので無料通信分が余っている人は暇つぶしにどうぞ。
2in1と組み合わせるとより強力になります。