E231系


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

E231系

情報

E231系
主な運行路線
山手線、中央・総武緩行線、東海道本線、湘南新宿ライン、東北本線、高崎線、両毛線、伊東線、横須賀線、成田線、常磐線、東京メトロ東西線
デビュー年
2000年(平成12年)(試作車は1999年)
所属車両基地
小山車両センター、国府津車両センター

概要

本系列は、老朽化および陳腐化が進んだ首都圏の通勤車両(103系、201系、205系並びに301系)および近郊形車両(113系並びに115系)の置き換え用として開発、投入された。0番台は2000年(平成12年)3月より中央・総武緩行線(習志野電車区)に、次いで近郊タイプが同年6月より東北本線(宇都宮線)(小山電車区)に、500番台が2002年(平成14年)4月より山手線(山手電車区)に、そして800番台が2003年(平成15年)5月より地下鉄東西線直通用に、それぞれ順次投入され、現時点ではその運行範囲は宇都宮線、常磐線、成田線、東海道本線、伊東線、御殿場線、高崎線、両毛線、横須賀線、湘南新宿ラインにまで拡大している。

省エネルギー化と生産コスト、メンテナンスコストの大幅な削減を目的にJR東日本が1990年代に開発した「新系列車両」の技術に加え、運行制御システムへの新機軸の採用により、その後の鉄道車両の開発にも大きな影響を与えた。本系列の開発目標としては「ライフサイクルコストの低減」「サービス向上」がある。

本系列はJR東日本と東急車輛製造が共同開発した車両であり、東急車輛製造のほかに川崎重工業やJR東日本新津車両製作所でも製造されている。

運用路線は首都圏近郊区間全域に拡大しており、2010年(平成22年)現在ではJRグループで同一系列の最多配置両数を誇り、2011年夏までの総生産両数は2,736両に達する見込みである(従来の編成単位を基本とした2,632両に加え、山手線6扉車置換用4扉車104両。ただし、置き換えられた山手線6扉車は順次廃車されているため、在籍数は2,632両である)。

車両のデザイン開発は榮久庵憲司主宰のGKインダストリアルデザインが担当している。

本系列の開発により、JR東日本は平成18年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策技術導入・普及部門)を受けた。その理由は省エネルギー化およびリサイクル可能部品の多数使用、さらに他社での技術採用(後述)により鉄道業界全体の省エネなどに貢献しているとする点である。さらに、本系列およびNEトレインの開発・導入によってJR東日本は「省エネ車両の継続的導入と世界初のハイブリッド鉄道車両の開発・導入」という理由により、第16回地球環境大賞の文部科学大臣賞を受賞した。

wikipediaより

デザイン・バリエーション

0番台

常磐線

近郊タイプ(G車有)

東海道本線・湘南新宿ライン・東北本線・高崎線・両毛線・伊東線
画像は禁転送です
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル