205系


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国鉄205系

デビュー年 引退年

デビュー年 1985年
引退年   まだまだ現役でっせ!(そろそろやばいかも!?)

説明

  • 1982年に国鉄が導入した直流通勤型電車である。当時、国鉄は各地に201系を導入していたが、電機子チョッパ制御の製造コストが非常に高価で、当時財政的に厳しい状況に置かれていた国鉄にとっては、より大幅なコストダウンの図れる車両が必要な状況にあった。そこで、さらにコストを削減した車両を開発した。これが205系なのである。
  • 当初は山手線・横浜線・武蔵野線・総武線などに配置されたが、現在、総武線、山手線は大量殺戮兵器E231系が導入されている。また、都心周辺の列車が205系として活躍している。また、お顔が変形したいわゆる「メルヘン顔」が運行している。
  • また、通勤輸送力を強化し、ドアを6つにした、6ドア車がある。

画像

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。