mythtv-setup


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

mythconvergデータベースの抜粋

チャンネルの登録・整理が終わった後の、mythconvergテーブルの内容を記載します。
(東海地方のチャンネル設定内容になります。)

channelテーブル (抜粋)

chanid channum freqid sourceid callsign name mplexid serviceid
5080 13 13 1 ETV ETV 13 3080
5096 18 18 1 CBC CBC 18 3096
5112 19 19 1 CTV CTV 19 3112
35792 20 20 1 NHK NHK 20 33792
5088 21 21 1 THK THK 21 3088
5104 22 22 1 NBN NBN 22 3104
35840 23 23 1 TVA TVA 23 33840

dtv_multiplexテーブル

mplexid sourceid transportid networkid frequency
13 1 32705 32705 473142857
18 1 32707 32707 503142857
19 1 32709 32709 509142857
20 1 32224 32224 515142857
21 1 32706 32706 521142857
22 1 32708 32708 527142857
23 1 32230 32230 533142857
以下の列は、全チャンネル共通になます。
inversion symbolrate fec polarity modulation bandwidth
a 0 auto v qam_64 6

lp_code_rate transmission_mode guard_interval visible constellation
1/2 2 1/16 0 qam_64

hierarchy hp_code_rate mod_sys rolloff sistandard serviceversion
n 7/8 UNDEFINED 0.35 dvb 33



チャンネルスキャン方法(個別チューンの方法)

「4.入力とソースの接続」 → 「チャンネルスキャン」を選ぶ。
  • ビデオソース: (3. で付けた名前が表示されている。digital)
  • 入力: 「[DVB: /dev/dvb/adapter9/frontend0] (DVBInput)」が選択されていることを確認。
  • Desired Services: 「テレビ」が選択されていることを確認。
  • Unencrypted Only: (チェックを入れない)
  • Test Decryptability: (チェックを入れない)
  • Scan Type: 「フルスキャン(チューン)」を選択する。
    • 周波数: チューンしたい周波数を入力する。
      [例] テレビ愛知なら、「533142857」。
    • 帯域幅: (自動)
    • 反転: (自動)
    • Constellation: (自動)
    • LPコードレート: (自動)
    • HPコードレート: (自動)
    • 転送モード: (自動)
    • ガードインターバル: (自動)
    • ヒエラルキー: (自動)
右下の「次」を押します。

少し待つと、3つのチャンネルが検出されるハズです。
番組33840, Encrypted
番組33841, Encrypted
番組33842, Encrypted
  • 「Update all」なり「Update Manual」で取り込む。
    (後で編集や削除は出来るので神経質になる必要は無い。)

残りの周波数についても、同様にスキャンを行い登録します。


mythtv-setupの設定内容(0.27)


# mythtv-setup --geometry 1024x768
とやると、mythtv-setupの画面サイズを変更出来ます。

1. 全般

1ページ目

  • Local Backend
    • IPv4 address: 127.0.0.1
    • IPv6 address: (空白)
    • Listen on Link-Local address : (チェックを入れない)
    • Port: 6543
    • Status Port: 6544
    • Security Pin (required): (空白)
  • Master Backend
    • IP address: 127.0.0.1
    • Port: 6543

2ページ目

  • TVフォーマット: NTSC-JP
  • VBIフォーマット: None
  • チャンネル周波数テーブル: japan-bcast

3ページ目

  • File Management Settings
    • Master backend override: チェックを入れる
    • ファイルを削除するときにシンボリックリンクをたどる: (チェックを入れない)
    • Delete files slowly: チェックを入れる
    • HDリングバッファーサイズ(KB): 9400
    • Storage Group Disk Scheduler: Combination
  • UPnP Server Settings
    • Video Content to show a WMP client: ろくが
  • Miscellaneous status application: (空白)
  • Disable automatic database backup: (チェックを入れない)
  • Disable FireWire reset: (チェックを入れない)

4ページ目

  • EIT transport timeout (mins): 5
  • Backend idle before EIT crawl (secs): 60

5ページ目

  • スタートアップコマンド: (空白)
  • クライアントが接続中はシャットダウンしない: チェックを入れる
  • Idle shutdown timeout (sec): 0
  • 最大録画待ち時間(分): 15
  • 録画前起動時間(秒): 120
  • 起動時間フォーマット: hh:mm yyyy-MM-dd
  • Command to set Wakeup Time: (空白)
  • サーバー停止コマンド: sudo /sbin/halt -p
  • シャットダウン前のチェックコマンド: (空白)

6ページ目

  • Master Backend
    • Delay between wake attempts (sec): 0
    • Wake Attempts: 5
    • 起動コマンド: (空白)
  • Slave Backends
    • Sleep Command: (空白)
    • 起動コマンド: (空白)

7ページ目

  • Backend Control
    • Backend Stop Command: killall mythbackend
    • Backend Start Command: mythbackend

8ページ目

  • このバックエンドの最大ジョブ数: 1
  • ジョブキュー監視間隔(秒): 60
  • ジョブキュー開始時間: 00:00
  • ジョブキュー終了時間: 23:59
  • CPU使用: 低
  • Allow metadata lookup jobs: チェックを入れる
  • Allow commercial-detection jobs: チェックを入れる
  • Allow transcoding jobs: チェックを入れる
  • Allow User job #1 jobs: (チェックを入れない)
  • Allow User Job #2 jobs: (チェックを入れない)
  • Allow User Job #3 jobs: (チェックを入れない)
  • Allow User Job #4 jobs: (チェックを入れない)

9ページ目

  • Run Jobs only on original recording backend: (チェックを入れない)
  • Start auto-commercial-detection jobs when the recording starts: (チェックを入れない)
  • Commercial-detection command: mythcommflag
  • トランスコーダーコマンド: mythtranscode
  • Run transcode jobs before auto commercial detection: (チェックを入れない)
  • トランスコード後に元のファイルを保存する(全般): (チェックを入れない)

10ページ目

  • User Job #1 Description: User Job #1
  • User Job #1 Command: (空白)
  • User Job #2 Description: User Job #2
  • User Job #2 Command: (空白)
  • User Job #3 Description: User Job #3
  • User Job #3 Command: (空白)
  • User Job #4 Description: User Job #4
  • User Job #4 Command: (空白)

11ページ目

  • Automatically update program listings: (チェックを入れない)

2. キャプチャカード

[DVB: /dev/dvb/adapter9/frontend0]

  • カードタイプ: DVB-T/S/C, ATSC or ISDB-T tuner card
  • DVB device: /dev/dvb/adapter9/frontend0
  • フロントエンドID: VA1J5JF8007/VA1J5JF8011 ISDB-T サブタイプ: DVB-T
  • Signal timeout (ms): 1000
  • Tuning timeout (ms): 3000
  • 録画オプション
    • Max recordings: 1
    • SEQスタートヘッダを待つ: チェックを入れる
    • DVBカードをオンデマンドでオープンする: チェックを入れる
    • Use DVB card for active EIT scan: チェックを入れる
    • DVB tuning delay (ms): 0

[DVB: /dev/dvb/adapter11/frontend0]

  • カードタイプ: DVB-T/S/C, ATSC or ISDB-T tuner card
  • DVB device: /dev/dvb/adapter11/frontend0
  • フロントエンドID: VA1J5JF8007/VA1J5JF8011 ISDB-T サブタイプ: DVB-T
  • Signal timeout (ms): 1000
  • Tuning timeout (ms): 3000
  • 録画オプション
    • Max recordings: 1
    • SEQスタートヘッダを待つ: チェックを入れる
    • DVBカードをオンデマンドでオープンする: チェックを入れる
    • Use DVB card for active EIT scan: チェックを入れる
    • DVB tuning delay (ms): 0

3. Recording Profiles

Hardware DVB Encoders

  • Default
    • プロファイル名: Default
    • 録画後に自動トランスコードを有効にする: (チェックを入れない)
    • 録画タイプ: ノーマル

Transcoders

  • 自動検出 MPEG2
    • プロファイル名: MPEG2
    • カスタムフィルタ: (空白)
    • ロスレストランスコード: (チェックを入れない)
    • Resize video while transcoding: (チェックを入れない)
    • コーデック: MPEG-4
      • Bitrate (kb/s):2200
      • 最大品質: 2
      • 最低品質: 15
      • フレーム間差分の最高品質: 3
      • フレームサイズのためのスケールビットレート: (チェックを入れない)
      • 高品質エンコーディングを有効にする: (チェックを入れない)
      • 4MVエンコーディングを有効にする: (チェックを入れない)
      • インターレースドDCTエンコーディング有: (チェックを入れない)
      • インターレースドモーションエスディメー: (チェックを入れない)
      • スレッド数: 1
    • コーデック: MP3
      • サンプリングレート: 32000
      • MP3 quality: 7
      • ボリューム(%): 90


4. Video sources

  • ビデオソース名: (任意。digitalとする)
  • Listings grabber: Transmitted guide only (EIT)
  • チャンネル周波数テーブル: default
  • Network ID: ー1

5. Input connections

[DVB: /dev/dvb/adapter9/frontend0] (DVBInput) -> digital

  • Display name (optional): (任意。PT2_1とする)
  • ビデオソース: digital
  • Use quick tuning: Never
  • Use DishNet long-term EIT data: (チェックを入れない)
  • チャンネルスキャン: (チャンネル登録の時に使う。後述。)
  • 開始チャンネル: (登録したチャンネルのどれかを設定)

[DVB: /dev/dvb/adapter11/frontend0] (DVBInput) -> digital

  • Display name (optional): (任意。PT2_2とする)
  • ビデオソース: digital
  • Use quick tuning: Never
  • Use DishNet long-term EIT data: (チェックを入れない)
  • チャンネルスキャン: (チャンネル登録の時に使う。別途記載。)
  • 開始チャンネル: (登録したチャンネルのどれかを設定)

5. チャンネル設定

  • チャンネルスキャンを行ない各チャンネルが登録された後で、以下の点を確認しておく。
    • 各チャンネルにて、「エアガイドを使用する」にチェックが入っていることを確認。
      (これにチェックが入っていないと、active EIT scanが動かないとの情報あり。)

6. Storage Directions

既定値

  • 任意のフォルダを登録する。(/home/mythtv など)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。