録画テスト2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

fuse_b25を介した状態での録画テスト

  • fuse_b25がマウントされていることを確認します。(fuse_b25の項目参照)
# mount
fuse_b25 on /dev/dvb/adapter9 type fuse.fuse_b25 (rw,nosuid,nodev,allow_other,default_permissions)
(fuse_b25-0.4.xの場合。)

  • 録画テスト1と同じように、録画テストをします。(adapter番号が9に変わっていることに注意)
# /usr/local/bin/tune 9 23
  Successfully tuned to テレビ愛知 .
# cat /dev/dvb/adapter9/dvr0 > out.ts
(数秒録画したら、両方とも停止。)
  • out.tsファイルのサイズが0バイトでないことを確認し、tsselectに掛けます。
# /usr/local/bin/tsselect out.ts
...
pid=0x0100, total=   44753, drop=  0, scrambling=0
pid=0x0110, total=     632, drop=  0, scrambling=0
pid=0x0130, total=       6, drop=  0, scrambling=0
pid=0x0140, total=     823, drop=  0, scrambling=0
pid=0x015f, total=       5, drop=  0, scrambling=0
pid=0x0160, total=    3234, drop=  0, scrambling=0
pid=0x0161, total=    1927, drop=  0, scrambling=0
pid=0x0162, total=    1927, drop=  0, scrambling=0
...
  • 各pidのdropとscramblingがゼロであることを確認します。



  • 場合によっては、pid=0x0000から0x0012あたりでdropが少し発生するようです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。