mythconvergデータベース


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


古いmythconvergデータベースを退避して、新しいデータベースを作る場合

MythTVのリビジョンを上げた場合など、念のためmythconvergデータベースを作り直したほうが安全です。
(原因不明の不具合に悩まされることがあるため。)

  • mythbackendサービスを停止する。
 # /etc/init.d/mythbackend stop
  • mysqlサービスを停止する。
 # /etc/init.d/mysql stop
  • mysqlデータベースが置いてあるフォルダに移動する。
 # cd /var/lib/mysql (など)
  • mythconvergフォルダの名前を変える。
 # mv mythconverg mythconverg_old
  • mysqlサービスを起動する。
 # /etc/init.d/mysql start
  • 名前を変更したmythconverg_oldデータベースにアクセス出来ることを確認する。

  • 再度、mythconvergデータベースを作成する。
 # mysql -u root -p < /usr/share/mythtv/database/mc.sql
  (mysqlのrootユーザのパスワードを入力する。)
  • 空のmythconvergデータベースが作成されていることを確認する。
  • 再度、「mythtv-setup」コマンドを実行する。

  • mysqlデータベースのメンテとして、「 phpmyadmin 」があると便利です。


退避したmythconvergデータベースから、録画済みの情報を元に戻す。

mythconvergデータベースを作り直すと今までの情報が全部消えるので、録画済みの番組が表示されなくなります。
  • 録画済み番組の情報は、「recorded」テーブルに格納されています。
  • 退避したmythconverg(mythconverg_old)データベースからrecordedテーブルをエクスポートして、
    新しく作成したmythconvergデータベースのrecordedテーブルにインポートすることで、
    録画済みの番組が一覧に復活します。


録画予約情報の復元について

  • 録画予約の情報もどこかのテーブルに格納されているので、上記と同じ手順で復元は可能ですが、
    chanidなどの情報を含んでいるため、新しく作成したmythconvergデータベースの情報とくい違う可能性があります。
    もう一度録画予約を設定し直したほうが安全だと思われます。


番組表のリセットについて

  • 番組表の取得方法の変更などにより、番組表をリセットしたい場合があります。
  • その場合は、mythconvergデータベースの「eit_cache」および「program」テーブルを空にすることで、番組表がクリアされます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。