ロリータ登場人物一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ハンバート・ハンバート

『ロリータ』の語り手。本名不明。
1910年パリ生。
少年時代、リヴィエラで出会った、
初恋の少女アナベルの面影を胸に強く宿す。

ロンドンとパリで大学生活を送り、英文学を専攻。
英語教師、学生向けヨーロッパ文学入門書などの著述業、
香水の広告屋、北極探検隊の記録係などの職種を転々とする。

9歳から14歳までの思春期特有の魅力をもつ少女
「ニンフェット」に魅せられている。
自称「映画俳優のような陰鬱な美男子。」

先天的に精神疾患の資質をもっている。心臓と肺の健康状態も悪い。
狂気の発作に襲われだしてからは慢性的な飲酒が続く。
好物はジンとパイナップルジュースの混合酒。

性格は非常に自己中心的で色情的。
他人との交際が表面的になり易い。
高い知性やプライドの反面、道化じみた自嘲癖がある。
流麗な詩情の持ち主。極度の妄想家。

クレア・キルティ射殺後、獄中にて動脈血栓で死亡。



ドロレス・ヘイズ

シャーロットの娘。
愛称は「ロー」、「ローラ」、「ロリータ」、「ドリー」
(ハンバートが戯れにつけた呼び名では「カルメン」とも)
初登場時13歳。栗色の髪、青灰色の目。
シャーロットの死後、義父のハンバートとともにアメリカ中を旅する。
17歳でディックと結婚し、妊娠するが
出産の際に死児を分娩して自身も死亡。



シャーロット・ヘイズ

ラムズデイルの住人。30代半ばの未亡人。喫煙者。
容貌に関しては
「ごく地味だが、不器量というほどではなく
マレーネ・ディートリッヒ(注1)を水で薄めたような顔立ち」
と記述されている。
敬虔なキリスト教徒。
下宿人のハンバートに惚れ再婚するが、交通事故にあい死亡。
旧姓はシャーロット・ベッカー。


(注1)マレーネ・ディートリッヒ(ドイツ出身の女優)



アナベル・リー

ハンバートの幼馴染で、初恋の相手。
イギリス人とオランダ人の血をひく。
幼少時のハンバートとはげしい恋愛状態に陥った
リヴィエラの夏から4ヶ月後、発疹チフスで死亡。



ハンバートの父

フランス人とオーストラリア人、
ダニューブ沿岸の種族の血が入り混じったスイス市民。
成功した商人の息子で、リヴィエラ(フランスから
イタリアにわたる地中海沿岸地方)に
豪奢なホテル・ミラナを所有していた。



ハンバートの母

イギリス人。アルプス登山家ジェローム・ダンの娘。
ハンバート三歳の時に事故で死亡。



シビル叔母

ハンバートの叔母。(母方の姉)
家庭教師兼家政婦のような役割をもっていた。



クーパー博士(叔父)

シビル叔母の夫。
アメリカを拠点に香水の出張販売を行い成功する。
1939年、ハンバートがアメリカに移り
仕事を引き継ぐならば毎年数千ドル送ると遺言を残し死去。



ヴァレリア

ポーランド人の医者の娘。ハンバートの最初の妻。
ハンバートと夫婦生活を送ったのは1935~39年、
その後マキシモヴィッチと再婚し1945年頃分娩中に死亡。



マキシモヴィッチ

元陸軍大佐でパリのタクシー運転手。
ヴァレリアの再婚相手。
タクシー運転手に引っ掛けてハンバートから
『タクソヴィッチ』とあだ名をつけられる。


モニーク

ニンフェットの面影を残す若い娼婦。



マクー

ラムズデイルの住人。
マクー氏はハンバートの叔父の会社の元社員のいとこにあたる。
ハンバートに部屋を貸すことを申し出るが
直前になって部屋は家ごと全焼してしまう。(脚本版によると落雷で)
シャーロットはマクー夫人の友人。
マクー家の娘、ギニー(ヴァージニア)・マクーはロリータと同年代の知り合いで
びっこの小児麻痺。
マクー氏の兄はラムズデイル・ジャーナル誌の記者。



ルイーズ

ヘイズ家で働く黒人女中。



オーブリー・マクフェイト

一連の出来事を惹き起こした『運命の悪魔』に
ハンバートが名づけた名前。ハンバートの詩に
『根性曲がりのマクフェイト』というフレーズで登場する。
ラムズデイル学校のドロレスの
クラス名簿に乗っている名前でもある。



メアリローズ・ハミルトン

ラムズデイル時代のドロレスの友達。色黒の美少女。



ミス・ファーレン

1944年夏にアパラチア山脈の農家で
ロリータの家庭教師をしていたことがあるオールド・ミス。
名はユーフィミア。ハンバートのラムズデイル来訪時、
ヘイズ家に住んで雑役をこなすはずだったが
ジョージア州で腰骨を折り、ハンバートとシャーロットの結婚後
間もなく死亡。妹はセント何某で教鞭をとる教師。



チャット・フィールド夫妻

ヘイズ家と親交のふかい夫妻。
娘の名はフィリス。



アイヴァ・キルティ

ヘイズ家の近所に住む歯医者。
劇作家キルティの叔父。



クレア・キルティ

劇作家。シャーロットやドロレスとは旧知。
ビアズリー女学校で演じられた
舞台劇『魅せられた狩人たち』の脚本をかいた。
酒や麻薬におぼれ、非道徳的な生活をおくる。
ドロレスを私有の観光牧場に招待したことがきっかけで、
ハンバートの逆恨みを買い、射殺される。
アワーグラス湖に行った際、ジーン・ファーローが話そうとした
アイヴァの甥とは彼のこと。



シャーリー・ホームズ

Qキャンプ場の団長。
キャンプ関係の著書をもつ。



チャーリー少年

シャーリー・ホームズの息子。
Qキャンプ近くの湖でドロレスや
他の少女らと性交したり、コンドームを拾い集めるのが趣味だったりと
精力にとんだ少年。数年後に朝鮮で戦死。



マリオンとメイベル

ヘイズ家の近所に住む少女二人。
ラムズデイル学校のドロレスのクラス名簿にも
二人の名は記載されている。



レスリー・トムスン

ヘイズ家の向かいの家の下男。黒人。



屑鉄商の犬

ラムズデイルの屑鉄商の家にいる
車が走ってくると嬉しそうに吠えかかる困った犬。



ジョン・ファーロー

ヘイズ夫人と交際のふかいファーロー夫妻の夫の方。
パーキントンに運動具の店をもっている。
ハンバートに拳銃の撃ち方を教えた。パートタイムの弁護士。
シャーロットの死後、わずかばかりの遺産を管理していた。
ジーン死後にスペイン人女性と再婚。



ジーン・ファーロー

ファーロー夫妻の妻の方。
夫のジョンとは実のいとこにあたる。
背が高く、活動的。風景画や肖像画を描くのが趣味。
33歳の時に癌で死亡した。姪の名はロザリン・ホネック。



故ハロルド・ヘイズ

シャーロットの元夫。ドロレスの父親。
ハンバートが使用することとなるコルト拳銃の元所有者。



バイロン医師

ラムズデイルの医者。ハンバートに睡眠薬を処方していた。



フレデリック・ビール・ジュニア

パッカード(アメリカ車)を運転し、運悪くシャーロットをひき殺す。
老いた父親がいる。



ブランツ・シュヴァルツマン博士

医学博士。逮捕後のハンバートの精神鑑定を行う。



ジョン・レイ・ジュニア

哲学博士。はしがきに登場。
作中で『ロリータ』の編者ということになっている。



タルボット

ラムズデイルに住む名士。
娘のエリザベスはドロレスを誘ってチャーリー少年と関係した。



ロシア人男爵

ハンバートが北カロライナ州ポプラ・コーブで出会った
貸モーターボートの運転手。
マキシモヴィッチやヴァレリアに縁のある人物らしい。



ガストン・ゴダン

ビアズリーに住む少年愛傾向のある老学者。
ハンバートとは旧知の仲で、
ハンバートをビアズリーに招き入れ仕事と貸し家を紹介した。
アメリカ生活を軽蔑するフランス人。ギュスターヴとも呼ぶ。



プラット女史

ビアズリー女学校の校長。
フロイト信奉者。



ミス・レスター、ミス・フェビアン

ビアズリーに住む二人の英語教師。



ミセス・ホリガン

ビアズリー時代の雑役婦兼コック。



エヴァ・ローゼン

ビアズリー女学校の生徒。
億万長者の叔父をもつフランスからの難民。



モナ・ダール

ビアズリー女学校の生徒。
冷淡で早熟な少女。



ミス・フェントン・レボーン

ビアズリーに住む、詮索好きなオールド・ミス。
ハンバートのつけたあだ名は『ミス・イースト』



カスビームの床屋

三十年前に死んだ野球選手の息子の話を自慢気にする老人。



トラップ探偵

狂気じみた旅の道のりにあらわれた謎の人物。
次々と車を乗り換え、名前を変え、執拗にハンバートを追跡した。



ギュスターブ・トラップ

スイスに住むハンバートのいとこ。
人の良い大食漢。



メアリ・ロア

でん部の発達したエルフィンストン病院の看護婦。
ハンバートとあからさまに敵対する。
バスク人の子孫で父親のジョゼフ・ロアは羊飼い。姉の名はアン。


フランク

エルフィンストン病院で働く大男。
戦争で負傷し、全身モザイクのように傷だらけ。
手の甲に女の裸体の刺青が彫ってある。



ブルー博士

エルフィンストン病院の医師。
評判ほど学識は高くないとのハンバート評。



リタ

身持ちがだらしなく行動はとりとめないが気の良い女性。
兄は著名な政治家でリタは金銭的援助をうけている。
ドロレス失踪後の2年間をハンバートと旅して暮らす。



リチャード・F・シラー

ドロレスの夫。耳の遠い退役軍人の若者。
愛称はディック。



ビル

ディックの家の隣人。
戦争で片腕をなくしている。



ジャック・ウィンドミュラー

ジョン・ファーローの知人でラムズデイルの弁護士。
ファーローに代わってシャーロットの遺産などを管理した。
はしがきの人物に作中人物のその後を伝えたのもこの人。



クラレンス・チョート・クラーク

コロンビア特別区裁判所判事。
キルティ殺害で逮捕されたハンバートの弁護士。

作中で述懐するハンバートが
「クラレンス」と呼びかけるシーンがある。
『ロリータ』は裁判の資料として使われる予定だったのだろう…。







ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル