九頭龍一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【本体】九頭龍一(くとう りゅういち)
容姿の特徴:
  • 男性。約160歳
  • 身長188cm、体重90kg
  • 筋骨隆々の20代中盤の褌男(ただし狩る者が再起不能になる度に老いていく)

人物概要:
  • 明治が始まった頃20代で一人で漁に出ていたら難破し、奇跡的に生還。いつの間にかスタンド能力を得る。
  • 太古より留流家に封じ込めてきた『魔』を封印し続けるために十年周期でスタンド使いを取り込んでいた

【スタンド】留流家(ルルイエ)
  • 特殊空間を内包する洋館を作り出す。
  • 館の中には異能者しか入れない。
  • 侵入は出来るが脱出は出来ない。
  • 壁や柱は異能者が埋め込まれる事によって作られる。
  • 主である九頭は埋め込まれた異能者の能力を使う事が出来る。
  • 埋め込まれた異能者は死んではおらず時間が止まる。
  • 館には常に待ち構えるものがおり、それを倒すとその人物が新たなる待ち構えるものになってしまう
  • 取り込んだスタンド能力同士を『合成』することも可能

破壊力-E スピード-E   射程距離-A
持続力-A 精密動作性-E 成長性-B

九頭自身が言うには『留流家は一つの家であり、取り込まれた者達は皆家族』

【本体+スタンド】護国天使ア・バウ・ア・クー
タイプ/特徴:
  • 背中には三対の翼が生え、頭には光の輪と天使のような風貌
  • 九頭自身も若い頃の全盛期の姿に戻る
  • 留流家をパワードスーツのように纏った状態。
  • つまり取り込んだスタンドの融合体でもあり、全てを取り込む留流家でもある
  • 初期は不完全な状態だったため綾和のグリーン・Dの左腕(光の輪)で常に調整を行っている。
 この光の輪が破壊されると特殊能力が使用できなくなり、姿も力だけの化物に変容する


イメージ 護国天使ア・バウ・ア・クー


イメージ 屋敷型スタンド 留流家




添付ファイル