飛陽


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 飛陽(とびかげ)
年齢 製造から2年と少し
性別 人格は男、一人称は拙者+ござる
容姿 車両型精霊機(キャタピラ式の正方形3両編成)
体格 横 中型精霊機の肩幅程度 縦 中型精霊機の腿の高さ  
性格 イイ
身分 戦闘車両
所属 なし(その日暮らし)
説明 帝国と王国の紛争が始まる以前から双方及びファールデルの死の商人たちが互いの資金と技術を
出し合って有事の際に自分たちが安全に逃げられるように作った疑似人格搭載の車両型精霊機 
戦争が深刻化する中完成した飛陽はしかし商人たちが密通容疑で処刑されたことで、搭乗者を持たずまた
車両型という前時代的な設計思想は誰からも相手にされず記録さえもとられず破棄され今に至る。

現在はうち捨てられた廃工場で戦場で漁った廃品を使い自身のアップ、ダウングレードを繰り返し
自分のカタログ作りに奔走している、ちなみに名前は教国の商人がつけたもの。


機体設定
機体名 飛陽
精霊の種類 木
精霊の名前 ジェニファー(サボテン)
精霊力 2500
耐久力 C
運動性 C
装甲  C
武装  
無線式アイアンクロウ:先頭車両のダンパーのように納まっているかぎ爪、
計4本あり本体から近い距離を刺したり引っ掻いて攻撃する
3連木砲×2:先頭車両の運転席の代わりに格納されている
固着式煙幕:2両目背部に装着された砲台、煙に巻かれた相手の機体にべったり張り付く、
気化すると短い間有毒ガス発生
液体トリモチ:煙幕とは弾が違うだけ、様々な蛍光色の液状の粘着物質を撒く。
間接に染みたりすると相手の行動を封じることも
高衝撃閃光撒菱:踏むか強い当たり方をすると眩しく五月蝿くすごい勢いで爆発する撒菱、
でも火力は全然ない
ドレイン鍵縄:3両目背部の装着されており相手機体に引っ掛けて相手の精霊力を吸う効果があり、
貯蓄モードで結晶化させ補給や爆弾にも使えるように、放出モードで吸いっぱなしの開けっ放し
後部ドリル:3両目の尻についてる多数のドリル、これで穴掘って逃げる、攻撃力は高いがまず当たらない
通信ジャック:木の精霊が植えた豆の種の周辺の情報が入手できまた介入できる。
スキャナー:スキャンできます(低性能)
機体&精霊説明
破棄された飛陽は自分の使命を失い朽ちていくのを待つだけだったがいつの間にか自分の
上に置かれていたサボテン(木の精霊)のジェニファーが宿ったことにより行動するようになった。
何かに目覚めたこれは機械として発展することを目標として現在に至る。シンプルな構造で
他の精霊機の装備のようにもなれる機体であり、改変性が妙に高くパーツや外見が変っても性能を保つ
ようになっている。3両バラバラに戦う事も可能で全部潰さないと死なない。

基本戦術は土中から相手を襲ったり逆に引きずり込んだりする。また装備で撹乱することを専らとする。
精霊の力を借りて「脱皮」する空蝉の術や通信ジャックからの五車の術でやる気もさげる。

ジェニファー:飛陽にいつの間にか宿った奇矯な精霊、言葉は話せないが態度はまさに植物の健康状態の
ソレであり、気分がいいとたまに花をつける。飛陽の疑似人格を発展させた張本人で飛陽はジェニファーには
絶対服従の間柄となっている。


イメージ




添付ファイル