柳 董魔


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 柳 董魔(やなぎ とうま)
年齢 15歳
職業 学生兼若手歌舞伎俳優


非常にゆったりとした和装をまとった大手の歌舞伎一座「柳座」の俳優をしている少年。
ゾンビ達が襲い掛かって来ると言うこの非常事態すら風変わりな「舞台」として捉えており、自分が死ねばそれは単なる「幕引き」と捉えている。
歌舞伎で演ずる都合上、持つ事が多い軽造刀(強度がない代わりに軽さと手数を追求してある、模造刀の一種)を武器とする。
和装である以外は普通に見えるが、実体はこの状態と歌舞伎とは違う本物の「殺し合い」を愉しんですらいる危険人物。


ゾンビと言う異常事態に最初こそ戸惑いはしたが現状では「生き残り、事の真実を暴く」事を目指している。
これはただ単に興味本位と言う事ではなく、自分が殺した人々への贖罪であると同時にゾンビ化した仲間への鎮魂の意である。
真実を暴く為ならどのような行いにも手を染める事も厭わないと言う冷淡な思考の持ち主。



装備 
軽造刀1本
ライター1個
カンパン・水(それぞれ6日分)の入ったバッグ