黒刃スレ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

06/08/02~06/10/07

+ストーリー・概要
186 名前:黒∵BLACK×EDGE∵刄[] 本日のレス 投稿日:2006/08/02(水) 15:17:24
 2006年5月末 地球に彗星が接近――誰も予期しなかった悪夢をその尾からばら撒きながら

 7月 暴行、猟奇殺人、建設物の損壊など、異常犯罪の発生件数が
 例年の9倍に達するとの報告が政府諸機関に寄せられる

 8月 政府は相次ぐ異常犯罪を、彗星から飛来した未知のウイルスに感染した生物、
 EX-evolution Mutant、略称 ≪EXeM≫ によるものと断定した

 同月中 政府はEXeM対策室を設置、 ≪対感染生物用特殊兵装≫ の開発を命じる。
 しかし、特殊兵装の開発を成功させるまでの間に、感染生物の猛威によって東京は死の都と化した
 政府機能は関西へ移転、開発も放棄された東京は完全に外界より遮断され、
 『隔離』された死の都に取り残された人々は、いつ降りかかるとも知れぬ理不尽に脅えながらも
 かすかな希望に縋って日々を生き抜いていた



            そんな中、東京に現れた謎の人物…

            感染生物を倒す『力』を身に纏う者達…

     漆黒の仮面に素顔を隠し、手にした黒い刄で敵を切り裂く…

               人々は彼らをこう呼んだ…

                  その姿に因んで



                ≪BLACK・EDGE≫と……


187 名前:名無しになりきれ[sage] 本日のレス 投稿日:2006/08/02(水) 15:18:08
 ――――そして2008年

 BEたちの活躍により街としての機能をいくばくか取り戻し始めた東京を舞台に

 黒き刃と、彗星からもたらされた悪夢の闘いは激化の様相を見せる――



∵基本概要
∵ジャンル:変身ヒーロー
∵舞台:隔離都市TOKYO
∵目的:人々を守る
∵スレッド形式:自由投下型
∵名無し参加:有
∵レス順番:無
∵後手キャンセル:有
∵決定リール:有
∵レス投下期限:6日

∵世界観・設定
∵BLACK EDGE(BE):日本政府の直轄機関『TSUKUYOMI』により開発された、対感染生物用特殊兵装。
 外見はベルト状だが、装着者の意思で瞬時に強化装甲服へと変形展開する。BEはそれぞれに個別の武器を持つ。
 BEの持つ武器こそ、BEの名の由来であり、感染生物を倒す唯一の手段である。
 形状は各BEごとに異なり、現在TOKYOで確認されているのは『日本刀』『長槍』『戦斧』『苦無』『鎖鎌』の5種類。

∵感染生物(EXeM):2006年の彗星接近の際、地球に飛来した謎のウィルス。
 EX-evolution Mutant通称EXeM(エグゼム)はウィルスに感染した生物全般を指す名称である。
 感染の対象には当然ながら人間も含まれる。というよりも、圧倒的に人間への感染率が高い事が特徴である。
 EXeM化した生物は2種類に大別できる。Class-Aと呼ばれる上級種と、Class-Bと呼ばれる劣等種である。
 TOKYOで一般的に目撃されるのがClass-Bで、個体の戦闘能力はBEに遠く及ばないが
 自身が保有するウイルスを散布することにより数を急激に増やす。
 一方でClass-Aは高い知性と(状況によっては)BE以上の戦闘力を持ち、感染した生物の原形を留めているため
 人間に紛れ込み生活する個体も存在する。

∵特務機関TSUKUYOMI:日本政府直轄の特務機関、それがTSUKUYOMIである。
 建前上は2006年8月に設立されたEXeM対策室を前身としているが、
 実際にほとんど繋がりが無く、母体となった組織は謎に包まれている。
 オーバーテクノロジーとも言えるBEの開発等、謎が多い組織で構成員の数も一切不明。
 唯一判明しているのはBEの監視と戦闘データの採取で、BEの近くには必ずTSUKUYOMIの監査官が確認されている。


+BE設定
171 名前:東屋 実咲 ◆AHL7KHofQw [sage] 投稿日:2006/08/05(土) 21:37:42
とりあえず、開発者とそれぞれのBEの特徴を考えてみました。
所属はご自由に
A.ユートリアム博士:初めてBEシステムを考えた工学博士
  基本的に、使用者の肉体強化を重点的に考えた設計なのでバランスがいい
  しかし、武装は剣のみで少々火力不足な点が欠点
B.島村博士:ユートリアムの元助手だった日本人博士
  ユートリアム型BEの欠点を克服し、『日本刀』『長槍』『戦斧』『苦無』『鎖鎌』といった日本的な武装を取り入れた。
  しかし、改良したとはいえ、遠、中距離の戦闘は苦手としている。
C.ファルマ博士:TUKUYOMI初の女性博士
  アニマトロニクス技術も取り入れたBEが多く、飛行可能BEまで開発した。
  といった他とは一線を隔したBEが多いが・・・機種などの癖が酷く、戦闘行為が支障なく出来るようになるには相当な努力が必要となる
D.フォーンネット博士:ユートリアム博士に対抗意識をもっているゲルマン系博士
  彼のBEも他のとは違うものを開発するがファルマとは違い、実戦主義のBEが多い
  また、『心』と『BE』のつながりも研究し、感情の高ぶり等で戦闘力がかわるBEも開発した。
  しかし、いろいろと問題も他より多い・・・テストライダーの死亡率が一番高いのもここだ。

てな感じで四人の研究者の名前と特徴を考えてみました。
もちろん私のタイプはDです。
しかし、この考え方だと「タイプゼロ」はユートリアム型になってしまいそうですね。
テンプレに「何型」の項目も入れて欲しいですね。ではでは




180 名前:チェシャ ◆p4UCihaNO2 [sage] 本日のレス 投稿日:2006/08/06(日) 01:47:44
アタシ的には、こんなイメージかもネ。

試作機・・・・動作するかどうかを見るためだけの基本的な性能以下の物から、
       新機能のテストをする為のピーキーなチューンを施された物まで、各種様々。
       共通して言えるのは、『不安定である』事。

量産機・・・・試作機でテストを繰り返し、安定している(と思われる)機能及び性能。
       製作コストの削減の為か、素材・仕上げ共に安っぽい事も有る。
       安定性、信頼性、同型機との互換性に優れる。
       比較的、操作しやすいってのもあるかもネ。

特殊機・・・・量産型をベースにして、試作機でのテストによって得られたデータを元に、
       各種の機能・性能を付け加えた物。
       試作機との違いは、『比較的安定している』事。
       量産機との違いは、『掛かったコスト』『何らかのリスクがある機能を持つ』

アレ? だんだん書いててワケわかんなくなってきたカモ(´Д`;)