魔法少女4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

07/12/15~08/02/19


設定など

+スレのお約束
【スレのお約束】
  • 決定リール&変換受けありです。
(用語については、なな板TRPGまとめサイト「千夜万夜」参照)
  • コテ付き参加大歓迎。途中参加も初心者も悪役さんももちろん大大大歓迎!
  • 名無しさんネタ投下ももちろん大歓迎。
  • 拾えるネタは極力拾います。ただし自治、荒らし、ストーリーの破壊を狙うような投下は華麗にスルーです。
  • 好きな時に好きなように投下してOKです。ただしチャット状態はついていけない場合があるので自重して下さい。
  • 魔法学園が舞台ですが、参加資格は生徒、学校関係者限定というわけではありません。
  • 版権キャラで登場する場合は、可能ならファンタジーテイストにアレンジして下さい。(原典があれば教えてね)
 なお最強クラスのキャラで参加しても、必ずしも周りが最強認識してくれるとは限らないかも・・・です。
  • 大切なのはスレを楽しむ気持ち、コテならなりきりとしてなりたっていることです。
  • もし何かわからない事があったら、避難所でお気軽にどうぞ。

+学園についての説明
【学園についての説明】

  • 舞台はファンタジー世界。フィジル島にある魔法学園が主な舞台です.。
 フィジル島は「魔海域」と呼ばれる、法則を無視した魔の海域の中にあります。
 (魔海域は、「法則を無視した潮流、乱気流」「突然の魔法無効旋風」
 「召喚生物強制送還地帯」などが特に有名です)
  • 一度学園に入学したら卒業(三等課程合格)まで島を出ることは叶いません。
  • 学園は全寮制、男女共学です。
  • 魔法学園の施設は西洋のお城のような外観をしています。
  • 女子寮、男子寮は校舎と同じ敷地内にあります。カフェテリア等一部の施設は男女共通です。
  • 女子寮内外には侵入者避けのトラップがあります。要注意。
  • 校舎には校庭があります。
  • 校舎の裏手には霧のかかった森があります。 森の奥深くには強力な魔物や貴重な生物が住んでいるという噂です。
  • 森の奥深くには庭園があり、近くにはかつて新魔法研究の為に使われていたらしい施設があります。
 施設の中には何に使うのか分からない装置が置いてあります。
  • 描写されていない施設等に関しては、整合性さえ保っていれば好きに設定投下してOKです。

(図書館およびDレベル階層について)
  • 学園地下には広大な図書館があります。管理人はオルビア・ターナー先生です。
  • 薄暗く本を読む時は上に持っていく、またはランプを貸してもらうという珍しい図書館です。
  • 置いてある本は古今東西から集められたもので膨大です。
  • なお、一般生徒立ち入り禁止区域であるDレベル以下の階層には危険な本が多く保管されています。
 地下にどれだけ広がっているのか不明の階層で、そこに在るのは全て魔本です。
 本から漏れ出たモンスター、怪異現象が巻き起こっている世界でもあります。

【学園生徒関連】
  • 女子寮には、生徒で結成された白百合騎士団という自警団がいます。
  • 男子寮では、 隠密魔法戦隊というグループが人知れず暗躍しています。
  • 三等過程合格者には指輪が与えられ、学園内の立ち入り禁止区画に出入り可能となります。
 また、「ゲート」を使用し街へ出られるなど、一般生徒より優遇されます。
  • 寮部屋に関しても一般生徒は大部屋ですが、三等課程卒業者以上になると個室が与えられます。
  • ただしカップルなど、当事者同士の間で合意があれば、特例として相部屋も認められます。
  • 生徒での参加者は、基本的に三等過程卒業者以上とさせていただきます

【カリキュラムについて】
卒業までには幾つか試験があります。
最初の試験(卒業試験という名称)に合格すると、三等課程合格という事になります。(第一部参照)
  • 次に各分野を広く浅く学ぶ二等課程へ進学します。二等過程卒業すると、一等課程へ進学。
  • 一等課程は二等課程で選択した分野を使った応用編。より実践的な分野を深く学びます。
  • なお、二等課程からは月一の割合で課題や指令が出されます。

+過去シリーズのあらすじ
【第一部のあらすじ】
念願の卒業試験にみんなで合格しました!
これで卒業と喜んだのもつかの間・・・なんと私達、卒業までに受ける試験のうち
一番最初の試験にパスしただけでした。
学ぶべき事も、覚えなくてはならないことも山積み。
卒業までの道のりは、まだまだ遠く険しいみたいです・・・。

【第二部のあらすじ】
闇の魔法使いマリアベルによる、学園襲撃事件の顛末です。

幾つもの人格を持つマリアベルは、ある生徒に成りすまし学園内に侵入しました。
マリアベルの人格のうちの一人は、学園内に大量の悪魔を召喚し、
混乱に乗じて建物を破壊し塔へと再構築させました。
襲撃の際殆どの生徒たちは転移ゲートから島の外へ避難しましたが、
学園に残った生徒や教師もゼロではありませんでした。
彼らは協力し、悪魔やマリアベルに戦いを挑みました。
激戦の末、マリアベルは退けられ学園に平和が戻りました。

事件直後にはさまざまな憶測が流れていました。
マリアベルは何らかの儀式を学園で行おうとしたとも、何かを探していたとも噂されていましたが、
何れも噂の域を出ることはありませんでした。
そうこうするうちに夏期休暇に突入したため、事件は徐々に人々の記憶から薄れつつあるようです。


※一般生徒、教師用に発表された説明を基にしているため、事実と異なる部分があります

【第三部のあらすじ】
夏休み明けの始業式の日。
新学期早々、なぜか猫化してしまった女子生徒を元に戻そうとした友達と、巻き添えを食らった方々のお話。

この日に関する噂話一覧

  • 転入生がやってきた。
  • 朝、食堂に悪臭が立ち込めた。その後100匹の猫が現れ、招き猫広場まで暴走後、解散。
  • 中庭に野人出現
  • 男子生徒が女子寮に侵入しトラブルになったが、実は寮生のリリアーナが、ロックを自室に招き入れたらしい。
 (しかもそのときリリアーナは服を着ていなかった)
  • その後食堂でリリアーナとロックが口論。リリアーナとフリージアはロックが偽者だと糾弾。
  • 直後、ロックの死体が出現。すぐに人形だと判明したが、混乱に乗じて偽ロック(?)は逃走。
  • リリアーナの視覚的に刺激的かつ衝撃的な告白(!)シーンが、食堂で大々的に上映される。           orz
  • 男子寮のロックの部屋に、謎の美少女出現。しかもトップレスだった。
  • 新しい非常勤の女医は美人
  • レイド先生が復活したらしい。

+第四部・1/26までのあらすじ
始業式の翌日、学園の生徒であるロック・ウィルは無断欠席をしました。
あるものはお見舞いに、またあるものは成り行きで男子寮の自室を訪れます。
ですが部屋にいたのはロックではなく、記憶をなくした見知らぬ少女、ブランエンでした。
事件の鍵を握るロックが食堂にいると聞き、一同は食堂へと向かいます。
そこで目にしたのは、キキの操る人形とバトルするロックの姿でした。

ロックの態度に腹をたてたブランエンは、腹いせに小さな嘘をつきます。
嘘を魔に受けたリリアーナは激怒し、食堂のシャンデリアでロックを押しつぶしてしまいました。

もっとも、このロックはどうも偽者のようです。
徐々にロックの記憶を取り戻し始めていたブランエンは、
記憶が見せる幻ロックの言葉によってブランエン=ロックという事実を知ってしまいます。
「ブランエンからロックに戻ったとき、ブランエンとしての自分はどうなるのか」
ブランエンは自分を守るため、リリアーナ達の前から逃げ出してしまいました。

レイドは、アルと幻の教頭の依頼のせいでブランエンを探すはめに陥っていました。
フリージア、グレイズ、リリアーナはレイドと合流し、ブランエンを探そうと森へ急ぎます。
破壊された森の中で見たもの。
それは、コンコンの力で実体化したロックの精神の一部( 偽ロック超完全体=金髪ロック)と
運悪く居合わせてしまった蒼い髪の少女(ルー)との戦闘でした。
一方金髪ロックの攻撃をまともに食らったリリアーナは、フリージアの尽力で命拾いします。
また、ルーとグレイズの魔法で金髪ロックはあっけなく倒されてしまいました。
燃え尽きた彼の体からは、青い雷を球状に丸めた電気玉のようなものが飛び出し、
後には瀕死のコンコンだけが残されました。

ただ、気絶していたリリアーナは、戦闘の一部始終を見ていませんでした。
「偽ロックは消滅した」とグレイズから説明を聞き、跡形もなく消えさったのだと解釈したようです。
倒れているコンコンを、巻き添えになった動物と勘違いしてうっかり治療してしまいました。

レイドはルーの能力を目の当たりにして、学園できちんと教育を受けさせようとします。
手を尽くして二人は意思疎通を試みていますが、果たしてうまくいくのでしょうか。


一方のアルナワーズとキキは、ロックを復活させた後、ブランエンの自我をどうするか相談していました。
彼女たちはブランエンを、キキの人形にうつす事で消滅を防ごうと考えます。
人形を手に入れた二人は、ブランエンを探す途中で金髪ロックから抜け出た電気玉を見つけました。
食堂で良く似た光景を目の当たりにしていたアルナワーズは、キキと共に電気玉を追うことにしました。

さて、姿をくらましていたブランエン。
彼女は屋上で、自分はどうやって生きていけばいいのと悩んでいました。
様子を見にきてくれたキサカに疑問をぶつけてみましたが、答えは出ません。

夜もふけ、行くあての無いブランエンはロックの自室前へと戻ってきました。
その時、ブランエンの前に例の電気玉が現れました。
電気玉に触れたとたん、ブランエンは強い欲望を感じるようになりました。
「そうだ…せっかく命を持ったのだから、楽しい事をして遊んで暮らせばいいのだ。
ロックが消えても、それでリリアーナ達が悲しんでも、所詮は他人事ではないか。」
ブランエンは、そのように考えるようになり始めていたのです。
彼女の手には、金髪ロックから飛び出した電気玉がしっかり握られていました。

参考資料

+NPC一覧
【教師】
エース・・・・・レイドの賭チェス仲間。わりと仲がいい。

ナナ・・・・・・・女性。使い魔を操る。彼女所有の使い魔用カプセルには回復効果がある
        「ハートブレイクショック」
        敵に拳を叩き込んだとき、無詠唱でショックという魔法を発動させるというもの。
       これを心臓に放たれた場合一時的に心停止する。
       輝くブーメラン状のものも操るようだが、こちらの詳細は不明。

エイティ・・・・機関車や空飛ぶバイクを操る。音痴。ロックが熱血漢なのは彼の影響か

シバ・・・・・・・雪山の山小屋に住んでいる老婆。ワイバーンの幼鳥を育てている。
       学園長の古い友人で、相談相手であり学園の非常勤講師でもある。
       口が悪く偏屈。アルナワーズとはチェス友達。

他にタロウ、マァン、ジャックなど。

【学園長】
本名:オグリシュ=ロッテン、使い魔名:モーターグリーンといわれているが、真偽の程は不明
白い髭の老人。 穏やかで人望がある。謎が多い。

【教頭】
生徒に厳しい。よく怒鳴っている。 頭髪が薄い。
他学園に赴任したアルテリオンと何か因縁があったようだが、詳しいことは定かではない。

【保険医】
レオ・・・・・・・回復魔法のエキスパート。腕は確かで、噂では死者をも蘇らせると言われている。
       フリージアの格闘技の師匠。ベアトリーチェが好意を寄せている。
アストーラ・・非常勤の女医。
????・・同上

【男子寮管理人 】
フーチ

【警備員】
タアン・エイ。ヒゲブーメランの使い手。

【臨時用務員?】
猫耳のおっさん。「~ッス」が口癖の豪腕マッチョ。筋肉美を誇り、真冬でも短パン姿。

【図書館管理人】
オルビア・ターナー
(男・見た目は二十代だが正確な年齢は不明・癖毛薄紫・黒瞳)
ローブ姿で顔は中性的。先生も兼任だが基本的に食事の際しか地下から出ることが無い。
得意技は分厚い広辞苑で殴ること。
基本的に人当たりがよくいつも微笑んでいるが、図書館D階層に住まう魔物達からは心底恐れられている。

【生徒】
クレティアン・ドロワ
( 男 ・年齢・ 18・髪ココアブラウン/オールバック・黒瞳)
一見普通の兄ちゃんだが、鼻が無い。制服の上には白い外套を愛用。
魔術学園の生徒。神学談義では独自の持論を展開する。 成績は優秀だが頭が悪い。

ジミー
地味めな生徒。人当たりが良く常識人。ミシュラの友人。

+ロックの別人格に関するデータ一覧(第二部参照)
【参考資料:ロックの別人格に関するデータ一覧(第二部参照)】
①ロック
主たる人格。
学園の生徒でリリアーナ、フリージアとは友人。
クドリャフカは恩人で、メラルとは面識がない。
女にもてない。

②マリアベル
ロックの別人格(前世)で今回悪い事をしている人。
体はロックと同じだったが、マジックアイテムの効果によりロックと分たれることになった。
死を嫌っていたが、最終的にはロックの手によって消滅。
(「ライールの杖」と「人形」は、本来マリアベルの所持品)

③セブン、ギルハート
既に封印済み。マリアベル(ロック)の別人格。再登場の予定は今のところ無し。詳しいデータはテンプレ参照。

+過去に登場したマジックアイテム
【参考資料:過去に登場したマジックアイテム】
①マリアベルの杖(リリアーナ所持)
賢者ライールが残した数少ない杖の一つ。黒樫製で、芯には古龍の髭が使われている。
マリアベルの杖(中の人情報:マリアベルと関係が切れた今のロックには使用不可)

②マリアベルの人形(リリアーナ所持)
マリアベルのデコイ(身代わり人形)。10年前マリアベルと学園に乗りこんできた。このときの名前はエレン。
一般的にはこれを囮にし、自身は目立たない物に変身して戦況を有利にする。
ギルハートが良い例で、老人型のデコイに攻撃を集め、自身は黒猫に変身して先生の背後にまわった。
(しかし、その姿が災いしてお嬢様に拉致された。)
マリアベルのデコイは彼の母(水晶のような青い目の女)を模した天使像になっている。

③アベコベール
簡単に言えば呪い返しの薬。 呪いがはねかえされるように、祝福もはねかえる。

④カドゥケウス(Caduceus、伝令使の杖の意)
本編ではヘルメスが持つ道具で、知恵と医療のシンボルとして扱われる予定
本来の姿は赤い石ではなく、神の翼と二匹の蛇があしらわれた杖。
分かっているだけで生死関連魔法、空間魔法、回復魔法が使用可。
(※回復魔法は所有者でなくても使用できることが判明している)


⑤使い魔カプセル
ナナ先生所有。ポケ○ンのようにモンスターや人を収納できる。中に入ると回復できる。
ちなみにカプセルの中と外では時間の流れが違う。

【ギルハートの鏡】
闇の魔法使いギルハートが使っていた鏡。鏡の部屋の封印を破るために学園長室で使われた。
後にロックの別人格であるマリアベルとの関係性を断ち切るためにも使用される。
裏にリリアーナの名前が書いてある。所在不明。

【歪みの鏡】
真実の鏡を装った呪いの鏡。
映し出す真実にほんの一滴いの嘘を混ぜて歪んだ真実にしてしまい、それを映す出す鏡。
要するに恐ろしく真実めいた真っ赤な嘘を映し出すたちの悪いカースアイテムである。
アルナワーズ愛用の一品。

【虚の杖】
メラルがとある生徒から譲り受けた杖。
もともとは錬金術専攻の人が作った失敗作。
黄色の植物の根が2本、透明な棒に絡み合ったような形状の杖。
持ち主の意思に従って色々な形に姿を変える。
特性は魔力を通しにくいこと。身に纏えば鎧にもなるが、魔法使用時は通常の3倍の魔力が必要

【照妖鏡】
魔法で姿を変えている者を映し出すとその正体が鏡の中に映るという鏡。

エピローグまでの状況


過去の魔法少女シリーズ