タチバナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:タチバナ
職業:精霊行使調律官(公務員)
元の世界:精霊指定都市センダイ(世界をまるごと一つの都市に統合。環境操作の極致)
性別:男
年齢:23
身長:長身
体重:痩躯
性格:饒舌家
外見:オールバックにスーツ。腕にはアームカバーを着用
特殊能力:精霊行使術――万人に宿る思念体型事象干渉デバイス"精霊"を駆使して生活に利をもたらす術。スタンド的な何か


備考:高度に発展した科学が魔法と見分けのつかない世界。
    各人が"存在"にインストールしたデバイスによって現実を好き勝手に捻じ曲げる為、現実に対する観念が薄い。
    人類みなが慢性的なゲーム脳に侵されている状態


精霊・『アクセルアクセスVer2.3.1』――基本形態は幼女。本体の影響をうけてかよく喋る。空とか飛べる


精霊とは――
スタンドとアルターと重機を足して二で割ったもの。意志の力によって『顕現』し、飛んだり跳ねたり殴ったり、物理法則無視したりする。
普段は思念体の形で存在しており、現実に影響を及ぼすには『顕現』しなければならない。
なお、『顕現』する際には顕現体を構成する材料が必要であり、専らその辺の資材や壁材を拝借している。
コンクリートを使って『顕現』すれば精霊の身体はコンクリートであり、水や木材もまた然り。