草枕夜伽


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:草枕夜伽(くさまくら・よとぎ)
所属:隠形派(ただし、縁藤きずな死亡によって夜宴派にも繰り上がり当選)
性別:女
年齢:16
性格:落ち着きがあり、辛抱強い。つらい現実に立ち向かうよりも、じっと耐えてやり過ごすタイプ
外見:亜麻色の髪、ふわりとしたウェーブのかかったセミロング。血色は良い
魔装:チェックのパジャマ
願い:眠い

魔法:「スリーピング・ビューティー」
    魔力で編んだ"いばら"を具現化し、自在に操る能力。
    この茨の刺で傷つけられた者は、痛みや出血の代わりに『眠気』を得る。
    眠気は追加で攻撃を受けることで蓄積し、限界が来ると『寝落ち』してしまう。
    『対象を眠らせる能力』ではなく『対象を眠くさせる能力』なので、気力でこらえたり眠気覚ましによる対処が可能。
    武器などにいばらを巻きつけて攻撃すると、その武器の殺傷力分だけ強い眠気を与えることができる。
    例えばナイフにいばらを纏わせて相手の心臓を貫いた場合、対象は傷つかないが、即座に深い眠りにつく。
    いばらそのものは長さや太さを調節できるものの、普通の植物としてのいばらの強度しかない。

属性:眠
行動傾向:わりと一般人を巻き込むことを躊躇わず、環境を広く使って戦う
基本戦術:いばら単体での攻撃力はたかが知れているので、武器を生成しいばらを纏わせて白兵戦。
うわさ1:ある寒い朝、枕元に立った悪魔と契約してこんなことになっちゃったらしい。
うわさ2:幼い頃は身体が弱く、長期の入退院を繰り返したせいで、たまに学校行くと浦島太郎状態だったらしい。
うわさ3:眠ることは彼女の中で一種の儀式と化しており、つらいことがあっても寝れば封印してけろりとしている。