オーデル・ベルメッファ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】オーデル・ベルメッファ
【コードネーム】サージ
【性別】男
【年齢】36歳
【容姿】褐色の肌、筋骨隆々の四肢と肥満体型(太っているように見えるが骨太で筋肉の塊)、サングラス、ベレー帽、身長軽く2m超えの巨漢、上半身裸、ダークグリーン系の迷彩服
【性格】残虐、トリガーハッピー
【長所】重火器を軽々と扱う常人離れした膂力、見た目より素早い体運びができる
【短所】激しやすい、敵には過度なほど容赦がない
【兵種】重火器兵 重火器全般の扱いを得意とし、対兵器戦闘や火力支援を担当する

【基本武装、得意武器】
  • 改造ミニガン「ミンチメーカー」
輸送ヘリに搭載されていた固定式のミニガンを取り外し、持ち歩けるように改造したもの
ベルト給弾方式で、背中に背負った鋼鉄製の巨大な弾薬パックから取り込んでいる
弾薬パック自体、並みの銃弾を弾くほどの強度を持つ
愛用品だが、大型で汎用性に欠けるため組織的な作戦行動には向かず、持ち出せる機会は少ない

その他、作戦内容に応じて様々な重火器を携帯して扱う

【備考】
内戦の絶えない某国の元軍人で、その腕前と残虐性から「羅刹軍曹」の異名を取っていた兵士
降伏した多数の捕虜を独断で虐殺した罪で投獄され、死刑を待つ身であった
その後某国の革命による混乱に乗じて脱走し、身分を隠してフリーの傭兵に転身
そこでも残虐性を存分に奮い恐れられたが、ストライク・イェーガーの関係者の一人に出会う
その人物に過去の経歴の秘匿を条件に半ば脅される形で入隊した
しかし、現在の状況に全く不満はない