用語 > 契印・割印


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

契印

  • 契印(けいいん)
  • 「契印」とは、二枚以上の書類が連続していることを証明するため二つの用紙にまたがって押された印のことです。たとえば、契約書が2枚以上にわたる場合に、一体の文書であることを証明するために、見開きした両面やつなぎ目にまたがって印鑑を押します。世間一般では「割印」と呼ばれる行為ですが、正式名称は「契印」です。

割印

  • 契印(わりいん)
  • 「割印」とは、2枚の書類が関連していることを証するため、両方にまたがって1つの印鑑を押すことです。ある文書と他の文書の間に関連性がある場合に、関連性を証明するために、両者にまたがって印鑑を押し、契複数の独立した文書の関連性を担保するというわけです。「独立した文書」という点で契印と異なります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。