意匠法 > 第一章 総則(第一条・第二条)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<<<<<<<< BOOKMARK >>>>>>>>

 

 

第一章 総則

 

第一条 この法律は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。

 

第二条 この法律で「意匠」とは、物品(物品の部分を含む。第八条を除き、以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。
 前項において、物品の部分の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合には、物品の操作(当該物品がその機能を発揮できる状態にするために行われるものに 限る。)の用に供される画像であつて、当該物品又はこれと一体として用いられる物品に表示されるものが含まれるものとする。
 この法律で意匠について「実施」とは、意匠に係る物品を製造し、使用し、譲渡し、貸し渡し、輸出し、若しくは輸入し、又はその譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同じ。)をする行為をいう。
 この法律で「登録意匠」とは、意匠登録を受けている意匠をいう。

 

























 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。