※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




481年…全フランク人は メロヴィング家
クローヴィス によって統一

クローヴィスは正統派のアタナシウス派に改宗
(他のゲルマン人の多くはアリウス派

6世紀なかば,ブルグンド王国などを
滅ぼしガリア統一


このころイスラーム勢力がフランク王国にせまる
が、宮宰 カール=マルテル が732年の
トゥール・ポワティエ間の戦い で相手を撃退。

カールの子 ピピン は、751年王位につき
カロリング朝 を開いた




ローマ=カトリック教会の成長




西ヨーロッパ世界形成はフランク王国のほか
ローマ=カトリック教会も貢献した

ローマ帝政末期、 五本山 というキリスト教会が重要
(五本山とは…ローマ・コンスタンティノープル・
アンティオキア・イェルサレム・アレクサンドリア の5教会)

最有力はローマ教会とコンスタンティノープル教会


ローマ教会はゲルマン人への布教を行う

6世紀、 修道院 運動で民衆の教化に貢献


ローマ教会は西ヨーロッパに勢力拡大し
ローマの司教は 教皇(法王) として権威高まる


聖像をめぐる対立もあった

726年ビザンツ皇帝 レオン3世
聖像禁止令 を発布

聖像を必要としたローマ教会は反発
東西で対立&分裂を強めた