※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前原 圭一(まえばら けいいち)

昭和58年5月に東京から雛見沢へ引っ越してきた少年。転校してきて間もないが、村の人に名前を覚えられるほど溶けこんでいる。成績優秀で、頭の回転は早い。口先が大変達者で、特に同性に対しての効果は絶大(しかし、ここぞと言うときには吃驚するくらいの動揺・口下手・説明不足で相手によく誤解を与える)。まわりを扇動させる天性の才能を指して、部活メンバーから「口先の魔術師」との二つ名が付けられるほどである。追い詰められた時にこそ力を発揮するタイプ。料理は苦手で、野菜炒めを作ろうとして家を焼きかけた事がある。だが、デイキャンプの経験で飯ごう炊爨はできる。誕生日は一般に4月と推測されている(日は不明)。受験生の園崎 魅音より一つ下なので、中学二年生である。泳ぎが得意。

とある事件で亀田を説得し、自身の名前を聞かれた際には「K」と名乗った。主な呼び名は「口先の魔術師」「萌えの伝道師」など様々な種類があり本人も自分から名乗るくらい好んで使用している。

画家である父・伊知郎と母・藍子の3人家族。なお、彼らの自宅は雛身沢の中では家が大きいほうなので「前原屋敷」と呼ばれている。なお、圭一の「口先の魔術師」、「固有結界」の能力は本人曰く父親譲りである。


|
添付ファイル