参考記事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この記事はキャラクター分担型リレー小説やろうぜ!(長いので以下ジェンスレ)で起きた問題行動の顛末と詳細です
名称は事の中心にいた人物の名前がローゼンだった為、ローゼン事件と仮称します

概要

事の中心人物は、ジェンスレに最初期から参加しており中核の一人であるローゼンでした。
ローゼンが冒してしまった問題行動は大まかに分けて六つあります。

一つは『物語の流れを無視して、展開を自分の好みなように運ぼうとした事』
一つは『三人しか参加者がいない状態で、故意に他の二人から離れて孤立した事』
一つは『話を主導して欲しいと同僚に頼まれたにも関わらず、自分語りを優先してしまった事』
そして『同僚との対話を怠り、蔑ろにした事』『FOしてしまった事』
最後に『反省しなかった事』です。

以下に、それぞれの詳細を記します。

+『物語の流れを無視して、展開を自分の好みなように運ぼうとした事』
ローゼンは漫画やゲームのお約束をなぞったり、不条理なギャグを好むコテでした。
それ自体は何の問題もありませんが、ローゼンは

『魔王と戦う為の技の修行をしている最中で』また
『比較的ギャグ向きではないだろう新規が参入してきた』
直後にも関わらず、変わらずギャグ展開に話を運ぼうとしてしまいました。

ローゼンの好む不条理なギャグは、基本的に『話を進める』と言う事とは真逆の物です。
状況にそぐわない現象を(例えば対魔王の修行中に遊園地に遊びに行ったり、ファンタジーと銘打たれた世界でウルトラマンを出したり)
起こす事で笑いを誘うものです。
それはつまり現行の流れを強引に脇道に追いやり、意図的にぞんざいに扱う事を意味しています。
話の合間合間に挟み込むなら何の問題もありませんが、時と場合を考えずに行うのは賢明とは言えません。
やり過ぎれば同僚の積み重ねている伏線やネタを叩き潰してしまう事にもなりかねないのですから。

スレに参加している以上、誰しもがやりたい事がある筈です。
ですが当然、その目的は必ずしも全員が同じと言う訳ではありません。
同僚のやりたい事を押しのけ、潰してまで我を通すのは、言うまでもなく良くない事です。
もちろん、それは自分と同僚の両方に言える事です。

とは言え、この件に関しては『流れを修行展開に持ち込んだコテが直前にスレから脱退していた』事もありますので
ローゼンが流れを無視したと断言する事は出来ません。
ただ、流れを作る人がいなくなったからと言ってここぞとばかりに流れを止めてしまう事は
池に滞った水のように話を腐らせてしまう危険がありますから、やはり良い行動とは言いがたいかもしれません。


+『三人しか参加者がいない状況で、故意に他の二人から離れて孤立した事』
ジェンスレは修行展開を進めていたコテ、カレンが脱退した後は
新規参入したモンスター娘(以下モン娘)が新たに話を主導するような流れになっていました
ですがローゼンは『敵の魔法によって闇の中に連れ去られしまった』というロールをしました
これでは他の二人と絡む事は出来ず、また『闇の中』では居場所が曖昧のため「助けに行こう」などのロールも出来ません

結果としてはモン娘が話の主導をローゼンに任せる事になりましたが
もしもローゼンがそれを見越していたのならば、それはとても悪質な行為ですし
そうでなくとも、いわゆる『シドの街』状態に陥りかねないので、良いロールとは言えません。


+『話を主導して欲しいと同僚に頼まれたにも関わらず、自分語りを優先してしまった事』
上述のようにローゼンは話を主導しなくてはならない立場になり、実際同僚にもそう頼まれ、了承しました
にも関わらずローゼンは次のターンに、自分のレスの殆どを自分語り(過去の回想とNPCとの問答)に使い
話を主導する、同僚にどう動けばいいのか指針を示す描写は『付いて来て!』の一行だけでした
自分がどこにいるのかも、どこへ向かえばいいのかも示されていないこれだけでは
当然ですが同僚は動きようがありません。


+『同僚との対話を怠り、蔑ろにした事』『FOしてしまった事』
上記の行為を短期間に続けて行ったローゼンは、肥溜めで叩かれてしまいました。
ですがそれはあくまでも肥溜めの中だけに留まり、本スレに突撃されるような事はありませんでした。
にも関わらずローゼンは、コテハン雑談所で「肥溜めで叩かれて辛いので全てのスレから脱退します」という旨のレスをして、そのままスレから姿を消してしまいました

同僚には何の相談もなく肥溜めの評価のみを鵜呑みにして引退したローゼンは
『同僚よりも肥溜めの評価の方が大事だった』と思われても仕方がないくらいです。
事実コテハン雑談所では、同僚と思しき人からの辛辣な非難と失望のレスも見られました。

また個別の避難所に引退の旨を告げずに姿を消したと言う事は
コテハン雑談所を見ていないコテはローゼンの引退を知る事が出来ず、もう帰ってこない人間をいつまでも待つ羽目になる危険性もありました。
当たり前ですが、多くのスレやコテに対して大きな迷惑をかけかねない事です。


+『反省しなかった事』
このようにローゼンは多くの過ちを立て続けに犯してしまいました
ですがローゼンの一番の問題行動は上記のどれでもありません。
これらを通して一度も『反省しなかった事』こそが、最大の過ちです。

ローゼンは一度目、二度目のミスをしてしまった時点で、既に肥溜めでそれを指摘されていました。
三度目のミスの時点でも、まだまだ十分に挽回出来た筈です。
にも関わらず、肥溜めを見ていると自分から告白しておきながら、その指摘に僅かにも耳を貸さず目もくれず
最後まで己を顧みる事なく我を通そうとしてしまったからこそ、FOと言う最悪の結果を出してしまったのではないでしょうか。

この『反省しなかった事』に関しては、また別の事件も関わってきます。
それについてはいずれ別の項目を作るかもしれません。