ブラック魔法少女の用語集 > 魔法核


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女が命をかけて奪い合う、魔法少女の心臓部。
持ち主によってその形態は様々であるが、多くの場合個々人に特有の『色』を示す宝石の形をとることが多い。
魔法少女になる最初の条件が、この魔法核を悪魔から受け取り、そこに願いを込めることである。

魔法核は願いに呼応し、祈りによって目覚め、少女に魔装固有魔法を与える。
よってこの二つは込めた願いに密接に関係した様態のものとなる。
そしてこの魔法核を簒奪し、定められし数を満たした時、祈った願いを実現する力を魔法少女は手に入れる。
故に、魔法核の奪い合いは魔法少女の第一義である。

集める量は、個々人によってまちまちだが、概ね大規模な願いであるほど多くの魔法核が必要となる。
また魔法核を集めれば集めるほど、魔法少女の魔力量が増大する。
このことから、魔法核は魔法を増幅するアイテムであり、願いを実現するのに必要な魔力量の調達手段として、
魔法核の簒奪が行われるのだと推測される。

平たく言えば、一人じゃ叶えられない願いを叶えるために、他人の力を奪い取る戦いが魔法核争奪戦なのである。

なお、奪った魔法核は内部に魔法少女の自我を宿している。
そのため取り込んだ魔法核と仲良くなれば更なる力を貸してくれる(=同調)し、逆に反抗して弱体化する恐れもある。
また、自我を含む魔法核を失った魔法少女は、祈りを呪いに転化させた亡者となり、他の魔法少女を自我なく襲う存在と化す。