ブラック魔法少女の用語集 > 魔力量


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女が魔法を使うのに消費するエネルギーのことを魔力と言う。
この魔力は魔法行使によって減少し、時間経過や精神高揚、休養などによって回復するが、
魔法少女が一度に体内に留めておける魔力の最大値のことを魔力量と呼ぶ。

一般に魔力量が多いほど一回の魔法に多くの魔力を注ぎ込めるため、魔法の威力や効果が大きくなる。
したがって、この魔力量を魔法少女の戦闘能力の指標として、多くの団体や魔法少女が用いている。
エンジンの排気量、あるいは人体の基礎代謝のようなものだと考えれば良い。

魔力量は、他者の魔法核を簒奪し自身のものに融合させることによって増大する。
また、同調と呼ばれる特殊な状態にある魔法核は、特に著しい魔力量増加をもたらすとされる。
魔法少女の積極的戦闘を支援する興業団体『夜宴派』が公式に発表している魔力量の算出方法では、

(魔法核の所持数)×(所有者に同調した核の個数)×100 = 魔力量

となっている。

なお、魔法少女は通常、他の魔法少女の魔力を直感的に感じ取ることができるため、
特段魔力の隠匿を行わない限り、魔力量が高ければ高いほど他の魔法少女に捕捉されやすくなる。