ブラック魔法少女の用語集 > 野良試合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いわゆる公式戦の対義語。
夜宴やそれに準ずる組織が催行する戦闘企画によらない、純粋な魔法少女戦のことを指す。
以下、公式戦に対する野良試合の違いをメリットとデメリットに分けて解説する。

メリット

  • 戦闘が動画公開されることがないので、能力を秘匿できる。
 特に一撃必殺系や、トラップ系など初見殺しの固有魔法を持つ魔法少女はこの利点が顕著である。
 傍観者に気を配っておけば、切り札を隠したまま戦い抜くことができる。
  • 戦闘相手の選択にある程度裁量が効く。
 出会い頭でなければ戦闘はカチコミ待ち受けが基本となる。
 自分より格下の相手を選んで戦えば、勝率は確実に高くなる。
  • 戦闘相手を事前に研究しておくことができる。
 マッチメイクを直前まで知らされない夜宴と異なり、戦闘開始のタイミングを任意にできる野良試合は、
 相手を十分に研究し、対策を練り、罠にかける準備をしてから戦いに臨むことができる。

デメリット

  • 準備不足のまま戦闘に突入することがある。
 戦闘日程を予め知らされている公式試合と異なり、野良試合は突発的に開始される。
 自分が仕掛ける側ならともかく、相手に仕掛けられた場合こちらの準備がない場合が多い。
  • 日常生活に支障を来たす。
 誰が魔法少女で、いつ襲ってくるとも知れない状況では、常に警戒して日々を過ごさねばならない。
 周囲がみな敵に見えて、気を張り続けることで消耗し、夜も熟睡することができない。
  • 勝ち目のない格上と遭遇する可能性がある。
 公式戦のマッチメイクは自分と近い実力の相手を夜宴側が選定してくれる。
 野良試合の場合、理不尽に強すぎる敵と当たって瞬殺される場合も無視できないレベルで存在する。

以上のような差異がある。
ただし、このデメリットは氏族を形成することである程度抑えることができる。
往々にして、戦いに効率を求める者は野良試合を、安全性を求める者は公式戦を選ぶ傾向にある。