ブラック魔法少女の用語集 > 魔力波長


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女はみな、他の魔法少女の魔力を気配として感じ取ることができる。
この気配としての魔力には、魔法少女それぞれに個体差があり、それを魔力波長と呼ぶ。
声色や指紋の形のようなものであり、熟練の魔法少女はこれを記憶して他者の魔力波長と識別することができる。
つまり、目に見えない位置に相手がいる場合でも、魔力波長から個人を特定できるということである。

大饗いとりの"臣下"の魔法少女には、
この魔力波長を可視化することで正確に他者に伝える固有魔法を持つ者がいるようである。