ブラック魔法少女の用語集 > 夜宴狩り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女戦における常套戦術の一つ。
魔法少女同士の戦いを斡旋し、企画し、運営する組織夜宴派に所属する魔法少女を、非所属の魔法少女が専門に狙う行為を言う。
夜宴狩りには大きく分けて二つの意味と目的があり、本項にて順を追って解説する。

1,夜宴派に対する戦術的有利

夜宴派魔法少女はその能力や基本戦術などの情報を夜宴の所有するデータベースに登録され、公開されている。
また過去の戦闘記録も動画として保存されており、これを参照することで精度の高い戦闘想定が可能となる。
夜宴派の情報公開は、主に夜宴の『顧客』(夜宴は戦闘を会員制サイトで放映することで興行収入を得ている)向けであり、
夜宴の副収入である勝敗予想賭博のオッズを決める際の参考にされている。
しかしこれは魔法少女達にとっても有用な情報であることには間違いない。
相手の能力を知り、研究し、対策を考えることができれば、戦闘における勝率は格段に高くなる。(関連→梔子 梓)
対して、夜宴狩りを行う側は夜宴に所属していないので、データを予め知られているおそれはない。
敵の能力を一方的に知り、自身の能力を悟らせないことは、戦いにおいて大きなアドバンテージとなる。
ただし、夜宴派のデータベースから戦闘記録や魔法少女の情報を参照するには大金を積んで会員になるか、
夜宴派魔法少女となる必要がある。よって、非所属の魔法少女にはデータベースを見る術がない。
夜宴狩りを多用する西呉 真央の場合、担当の悪魔から特別な支援を受けて、夜宴の会員権を得ている。

2,氏族として夜宴派に所属している、代表ではない魔法少女

夜宴派は、そこに所属している魔法少女達にいくつかのルールを課している。
その中の一つが『公式戦以外での夜宴派同士の戦闘禁止』である。
夜宴としては重要な商材が金を産まずに潰し合うなどもってのほかのため、課して当然のルールであるが、
この制限は副産物として特殊な状況を生んだ。
夜宴には氏族として参加することが可能であり、その場合氏族内で数名の代表者を選出し、公式戦で戦うのはその代表者達のみとなる。
つまり、氏族内の非代表者達には、公式戦で戦う義務を課されない。
そして、野良試合での戦闘禁止の原則は代表者と変わらず課される(代表者が死亡した場合の次候補となるため)。
活動地域に夜宴派魔法少女が増えれば増えるほどその恩恵の意味は大きくなる。
野良試合で狙われる危険がなく、よってまともな戦闘経験を積む機会がなく、それでいて魔法核は氏族内での配分で、
それなりに得ている魔法少女が多く生まれることになる。
夜宴狩りの魔法少女にとって、それらはカモより簡単に殺せる優秀な餌である。