ドル・ド・レ・ヴァリエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:ドル・ド・レ・ヴァリエル(ドル、もしくはドルドレと呼ばれる) 
二つ名:鋼鉄の紳士、貫鉄の片手剣、破門貴族、黄金の種馬
年齢:33
性別:男
身長:199
体重:99
スリーサイズ:男には不要!
種族:人間(だが一部人間離れしている)
職業:元貴族
属性:無
性格:派手好き、女好き、大雑把
利き手:右利きよりだが黄金の左手と呼ばれている
魔法:使えないがオーラを持っている
特技:ボンジュールスマッシュ
装備品:両手剣2本を片手で装備、さらに巨大な剣を持ち、黄金の装飾がされたヘヴィ全身鎧
所持品:ある程度の金と道具
髪の毛の色、長さ:無駄に綺麗な金髪だがそれほど長くない、大抵兜で覆われる
容姿の特徴・風貌:筋肉の塊のような体、そして派手な装飾をした自由人(主に傭兵)
趣味:女遊び、武具の強化、勉強
将来の夢(目標):国のようなものを作ること
簡単なキャラ解説:
貴族の家系に生まれたが、兄弟では真ん中あたりのため、特段優遇されず、可愛がられもしなかったため、
初陣で初めて荒れる。体が大きく力が非常に強く、戦闘も上手なため戦功を挙げるも、
あまりに素行が悪いため、家を追放され、さらに破門された。
いよいよ彼は本格的に荒れ、大量殺戮をする、ほぼならず者に近い傭兵をしている。
高貴なオーラがあり、あちこちで女を手篭めにしており、その勢いは止まらない様子。