M-65パンツ洗濯方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink
M-65パンツはナイロン・コットン素材とナイロン・レーヨン素材の2種類確認した。
素材によって縮む縮まないなど気を付けるべき点があるかとラベルを確認した。

素材は違っても表示は共通であった。

ナイロン・コットンだろうがナイロン・レーヨンだろうが、この指示に従って、
気を使うことなくいずれもガンガン洗濯機にかけて乾燥機にかけることが分かった。
確かに戦場で洗濯に気を使うことはできるはずもなくヘビーデューティーに作られているのだろう。

ナイロン・コットンの表示 ナイロン・レーヨンの表示
DSA 100-72-C-1636 WINFIELD MFG. CO., INC.& DSA100-74-C-1106 WINFIELD MFG. CO., INC.&
50% NYLON 50% COTTON 50% NYLON 50% RAYON
TROUSERS, COLD WEATHER, COTTON AND NYLON, WIND TROUSERS, COLD WEATHER, NAYLON AND RAYLON, WIND
RESISTANT SATEEN OLIVE GREEN, ARMY SHADE 107 RESISTANT SATEEN OLIVE GREEN, ARMY SHADE 107
1.Wear as outer garment in cold-wet climate or as the innar layer 1.Wear as outer garment in cold-wet climate or as the innar layer
 of the cold-dry uniform.  of the cold-dry uniform.
2.Button in linar for extra warmth . Remove it when damp or wet 2.Button in linar for extra warmth . Remove it when damp or wet
and allow to dry. and allow to dry.
3.Attach suspender hooks to waist loops. 3.Attach suspender hooks to waist loops.
4.Adjust waist by buckle straps. 4.Adjust waist by buckle straps.
5.Ventirate by loosening drawcords. 5.Ventirate by loosening drawcords.
6.Wear leg bottoms outside foot gear and secure drawcords. 6.Wear leg bottoms outside foot gear and secure drawcords.
7.Brush off snow and frost before entering heated shelter. 7.Brush off snow and frost before entering heated shelter.
8.Avoid contact with heated stoves, open fires or other high heat 8.Avoid contact with heated stoves, open fires or other high heat
 source; faburic may fuse.  source; faburic may fuse.
9.Dry trousers and liner separataly. 9.Dry trousers and liner separataly.
10.Lubricate slide fasteners with lead pencil graphite or wax. 10.Lubricate slide fasteners with lead pencil graphite or wax.
11.Wash by hand or machine, with slide fastener closed, in hot 11.Wash by hand or machine, with slide fastener closed, in hot
  with mild soap or detergent, Rinse thoroughly and drip or machine dry   with mild soap or detergent, Rinse thoroughly and drip or machine dry
DO NOT REMOVE THIS LABEL DO NOT REMOVE THIS LABEL

(大体翻訳)
1.寒く湿った気候の下ではアウターとして、寒く乾燥した気候の下は制服のインナーとして着用すること。
2.最大限の保温を得るためライナーをボタン留めすること。湿り気を帯びたり、濡れた時にはライナーを外して乾燥させること。
3.サスペンダーフックをウエストループに付けること。
4.バックルストラップでウエストを調整すること。
5.ドローコードを緩めて換気をすること。
6.ズボンのすそはブーツの外に出し、ドローコードを確保すること。
7.暖房のきいたシェルターに入る際は雪や霜を払い落とすこと。
8.熱いストーブや裸の火や他の高熱の熱源との接触を避けること。生地が溶けるかもしれない。
9.ズボンとライナーは別々に乾燥させること。
10.ファスナーの開閉を滑らかに保つため鉛筆の黒鉛またはワックスを塗ること。
11.洗濯は手洗いまたは洗濯機ですること。洗濯の際は、ジッパーを閉じ、ぬるま湯でマイルドソープか合成洗剤を使うこと。よくすすいで手で絞るか乾燥機で乾かすこと。

このラベルをはがすことを禁ず。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計: -
今日: -
昨日: -
オンライン: -

since2010.12.30
合計:

メニュー

基本的事項
ユースカルチャーとの融合
ミュージシャンとミリタリーウェア
個別アイテム
パーカ類の装備取り付け
メインテナンス
ミリタリーウェア参考文献
ミリタリーウェア用語
その他

最近の更新
取得中です。




リンク


他のサービス







javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。