M-51パーカ洗濯方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink
M-51パーカは適当に丸めて洗濯機に突っ込んで洗濯するとジッパーでシェルに傷が付いたりポケットの付け根のところに裂け目ができることもある。
年代が新しめのものだとラベルに注意書きが書いている。知っていれば失敗はないだろう。
50年前の物だし生地が薄いものなので念を入れてネットに入れれば完璧か。

あえて書くとすればこんな感じか。
洗濯は手洗いまたは洗濯機ですること。洗濯の際は、ジッパーを閉じ、さらにスナップボタンを閉じる。
さらにネットに入れて、ぬるま湯でマイルドソープか合成洗剤を使うこと。すすぎをすること。手で絞るか乾燥機で乾かすこと。

M-65パーカ洗濯方法と同じで良いだろう。
実物・レプリカ・オリジナルでも同じようにすれば暴れるジッパーでシェルに傷つけることなく洗濯できるだろう。

PARKA, MAN'S, COTTON
NYLON, OXFORD
DSA-1-9230
INSTRUCTION LABEL
1.This garment is designed for wear over the
 inner layers of the cold-dry ensemble.
2.The parka may be worn without liner in
moderate temperatures.
3.Button in liner, for maximum insulation.
4.Button on hood, for added head protecion.
5.Tighten drawstrings warmth-loosen to
ventilate.
6.For drying purposes, remove liner, and dry
garments separately.
7.Do not place this garment near heate sources such as open fires.
8.Brush snow and frost from garments before
 entering heated shelter.
9.Lubricate slide fastener with candle wax
or graphite for smooth oparation.
10.This garment can be laundered.
DO NOT REMOVE THIS LABEL

(大体翻訳 未完成)
1.この衣類は、寒く乾燥した気候の下用のインナー重ね着の上に着用することを目的に作られている。
2.このパーカは温暖な気候ではライナーなしでも着用できるかもしれない。
3.最大限の保温を得るためライナーをボタン留めすること。
4.頭部保護のためにフードをボタン留めすること。
5.ドローコードを閉めることで保温し、緩めて換気をすることができる。
6.乾燥を目的とする場合、ライナーをはずし別々に乾燥させること。
7.この衣類は熱源、たとえば火が燃えている近くに置かぬこと。
8.暖房のきいたシェルターに入る際は雪や霜を払い落とすこと。
9.ファスナーの開閉を滑らかに保つため鉛筆の黒鉛またはワックスを塗ること。
10.この衣類は洗濯することができる。

このラベルをはがすことを禁ず。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計: -
今日: -
昨日: -
オンライン: -

since2010.12.30
合計:

メニュー

基本的事項
ユースカルチャーとの融合
ミュージシャンとミリタリーウェア
個別アイテム
パーカ類の装備取り付け
メインテナンス
ミリタリーウェア参考文献
ミリタリーウェア用語
その他

最近の更新
取得中です。




リンク


他のサービス







javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。