Quarpel treated


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&autolink
(初稿:2010.12.20)
Quarpel treated garments(米軍開発の衣類の撥水処理)について調べた。決められた方法で洗えと書いてあるのでその方法を調べてみた。
洗濯するにはどうしたらいいかググってもでてこないので。

Quarpelは1959年に米陸軍Quartermaster Research and Development Laboratories (当時) で開発された布地用撥水処理技術。 "Quartermaster-developed repellent"から"Quarpel"と命名された。
参照:http://milcloe.info/database/Quarpel.html
Quarpel処理された撥水力は非常に強固で普通の手洗い洗濯ではその効果は落ちない。軍では最大15回は耐えるとしているらしい。

80年以降のM-65ジャケットにQuarpel仕上げの衣類に関する記載があったので和訳してみた。

Quarpelの洗濯方法に関する大体翻訳

Quarpel処理された衣類の洗い方(洗濯方法)については以下の通り和訳してみた。
9. For cleaning and restoring of water repellency, return to laundry for machine washing In accordance with
  established procedures for quarpel treated garments
9.洗濯機で洗い清浄を保ち撥水効果を回復するにはQuarpel処理された衣類ために決められた方法で洗うこと。また、洗濯の際はファスナーを必ず閉じること。

10. Machine Washing: Use permanent Press Cycle. Wash in warm water using mild detergent.
10洗濯機の場合:パーマネント加工衣類用のコースを使うこと。中性洗剤使用し温水で洗うこと。

11. Hand Washing: Wash in warm water using mild detergent. DO NOT WRING OR TWIST. Rinse in clean warm
water.
11.手洗いの場合:中性洗剤を使い温水で洗うこと。絞ったりねじったりしてはいけない。きれいな温水ですすぐこと。

12. DO NOT USE CHLORINE BLEACH OR STARCH.
12塩素系漂白剤や糊付けをしてはいけない。

13. Drying. Dry at low heat (do not exceed 130°F). After drying, tumble at room temperature for 10 minutes.
Remove immediately from dryer To drip dry, remove from water and place on a rust-proof hanger.
13.乾燥について:54度以下の低温で乾燥させること。乾燥後10分間室温で回転させておくこと。
ドリップドライのため、乾燥機からすぐ取り出すこと。水から取り出したら耐錆のハンガーにつるすこと。

permanent Press Cycle パーマネントプレスサイクル
パーマネントプレス加工された衣類用の洗濯機のコース。アメリカ式のコース表示。
弱流水洗い、乾燥の前にすすぎをするコースのよう。
アメリカの洗濯機は標準でも日本の物より荒々しいらしいので、
日本なら標準コースでよいだろう。

130度(華氏) = 54.4444444 度(摂氏)

ドリップ‐ドライ 【drip-dry】
《しずくを垂らして乾かす、の意》洗濯して絞らずにそのまま干して乾かすと、すぐに乾いてしわもできず、アイロンがけが不要な合成繊維などの衣類のこと。

和訳してみると文化の違いを感じるものだ。


80年代以降のM-65ジャケットのラベルの記載原文

COAT, COLD WEATHER: FIELD
1. Wear as outer garment or as under-layer in cold dry climate
2. Wear button-in liner for added insulation.
3. Adjust closures and drawcords to ventilate; avoid overheating of body.
4. When hood is used, lower extension shall be worn over neck opening, preventing water entering opening.
5. Brush snow or frost from garments before entering heated shelters.
6. For fast drying, remove liner from coat.
7. Do not expose to high temperature of a stove.
8. Lubricate slide fasteners with wax.
9. For cleaning and restoring of water repellency, return to laundry for machine washing In accordance with
  established procedures for quarpel treated garments
10. Machine Washing: Use permanent Press Cycle. Wash in warm water using mild detergent.
11. Hand Washing: Wash in warm water using mild detergent. DO NOT WRING OR TWIST. Rinse in clean warm
  water.
12. DO NOT USE CHLORINE BLEACH OR STARCH.
13. Drying. Dry at low heat (do not exceed 130°F). After drying, tumble at room temperature for 10 minutes.
  Remove immediately from dryer To drip dry, remove from water and place on a rust-proof hanger.
DO NOT REMOVE THIS LABEL


http://www.qmfound.com/Army_Green_Uniform.htm
1959、Quartermaster ResearchとDevelopment研究所(現在の米軍ナティック研究所)の科学技術者による雨着処理におけるブレークスルーでは、作られていて、満足できて魅力的な軍用のレインコートはついに可能です。 これらの研究所の化学者は、相乗効果的に織物に関する撥水加工と耐油の非常に長持ちする処理を起こすために2個の商業的に利用可能な水の駆虫剤を結合しました。 Quartermasterによって開発された駆虫剤としての"Quarpel"というこの処理は雨着にコーテッド・ファブリックを使用するという必要性から陸軍の衣服デザイナーを解放しました。

Quarpel処理は、再処理なしで最大15の洗浄に耐えて、まだ次に、市販の最も良い蒸気透過性のレインコートよりすばらしい水の撥水性を保有しているかもしれません。 化合物で扱われた織物は、不愉快な湿気凝縮(24)を透過性と持っていない蒸気のままで残っていました。

Quartermaster Corpsは、衣服をさばいて、戦うためにQuarpelを適用しました、そして、結果は処理が効率的に撥水加工の、そして、ウオッシャブルで着心地が良かった雨着を提供するかもしれないという彼らの望みを確認しました。 それに従って、1964年に、陸軍は、すべての男性の人員のためにコーテッド・ファブリック暗灰色レインコートを取り替えるのにQuarpel処理を利用するsemidressレインコートを採用しました。

新しいレインコートは、ライターでしたが、摩耗によって陸軍グリーンのユニフォームに緑色の色合いを調和させていて、5オンス(内面の肩のくびきがある綿のポリエステル織物)の単一層で作られました。 その可選性と、より良い掛け布のため、新しいレインコートは、改良された外観を供給して、現行基準より長い耐用年数を約束しました。

正常な手/マシン洗濯はQuarpelを洗い落とすことができません。
http://www.leesarmystore.co.uk/store/product.php?xProd=1178
Our waterproof hooded anorak is designed to keep you protected from the effects of windchill and the wet. Made from poly-cotton, the material is treated with Quarpel rain and stain repellent. Developed for the US Army, Quarpel impregnates clothing fibres with a unique formula that repels moisture. Quarpel treated clothing is soft and silent, water repellent and retains breathability. Normal hand/machine washing cannot wash out Quarpel. This anorak is the simple yet effective way to keep dry in the rain, allowing you to wear multiple layers underneath for warmth. The anorak features a large fitting hood with drawcord which has enough room for a hat and scarf to be worn underneath. The anorak can be pulled tight with the elastic pull cords at the sides, and has secure Velcro fastening to the neck to keep the weather out. The large front pocket across the chest is convenient for storing maps and other essential equipment. Key features: Loose fitting overhead, Large front pocket across chest with velcro fastening to neck, Drawcord hood, Elastic pull cord at sides, Quarpel treated poly-cotton for water repellence Suitability: The ideal lightweight jacket for any outdoor activity. Good for both summer wear and colder conditions if wearing warm layers underneath. This is also fashionable for wearing around town. Loose fitting overhead, Large front pocket across chest with velcro fastening to neck, Drawcord hood, Elastic pull cord at sides, Quarpel treated poly-cotton for water repellancy





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計: -
今日: -
昨日: -
オンライン: -

since2010.12.30
合計:

メニュー

基本的事項
ユースカルチャーとの融合
ミュージシャンとミリタリーウェア
個別アイテム
パーカ類の装備取り付け
メインテナンス
ミリタリーウェア参考文献
ミリタリーウェア用語
その他

最近の更新
取得中です。




リンク


他のサービス







javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。