在新潟中国総領事館移転問題 まとめ @ ウィキ

"新潟州"設立構想


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"新潟州"設立構想 」は2011年1月25日に、篠田昭新潟市長と泉田裕彦新潟県知事の両名が県、市議会。自治協議会に何の説明の無いまま発表されました。
中国との関係は不明ですが、現在様々な憶測が飛び交っており大変混乱している状況です。
以下に概要とこれまでの報道をまとめました。

概要

この構想は篠田市長が発案し、当日の午前に急遽市議への説明がなされた以外の説明が無いまま、その日の午後の記者会見で発表されました。

★県と政令市の合併による自治の拡大を目指す「新潟州(新潟都)」構想 公式発表資料
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Top2/149/684/niigatakoso.pdf (PDF注意)

設立構想の目的

県と政令市との二重行政を排し、行政の効率化を図る。
政令市が有する高度な行政機能を全県に波及させる。
地域の課題は住民に身近なところで解決できるよう、基礎自治体の自治権の強化を図る。

報道

BSN:"新潟州"構想に驚きと違和感 「何を目指しているか分からない」 20110125

NHK:"新潟州"構想 知事&新潟市長 「合併を目指したい」 20110125

NHK:"新潟州"構想 地方自治法を改正 必要ない国の関わり廃止目指す 20110125

NST:新潟州構想 新潟市を解体し8つの行政区を特別区に 20110125

Teny:知事と新潟市長が「新潟州」構想を発表 20110125

Teny:"新潟州"構想発表 20110125
http://www.youtube.com/watch?v=NepizFfUZ98)

ux:県と政令市合併し"新潟州"めざす 20110125


新潟県と新潟市を合併させる「新潟州」構想を発表(11/01/25)

橋下知事「泉田新潟県知事の考えはその通り 国の仕事は国の財源で」
更新履歴
取得中です。