ニンテンドー3DSとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ニンテンドー3DSとは

      発売日                 2011年2月26日(日本)        
      販売価格                 25,000円(希望小売価格)        

ニンテンドー3DSとは任天堂が開発、発売予定の携帯型ゲーム機です。
日本では2011年2月26日に発売を予定しています。(アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでは同年3月予定)
ニンテンドーDSシリーズ(ニンテンドーDS・ニンテンドーDS Lite・ニンテンドーDSi・ニンテンドーDSi LL)の次世代に当たる携帯ゲーム機です。

ニンテンドーDSシリーズとの相違点は大きく5点あります。
1点目、 裸眼で3D(立体映像)を見る事ができます。
2点目、 新たな入力デバイスが存在します。(スライドパッド、モーションセンサー、ジャイロセンサー)
3点目、 通信の強化がされています。すれ違い通信では同時に複数のソフトで、すれ違うことができる様になりました。
4点目、 グラフィックの大幅進化。(DS=64レベル、3DS=GC、PS2レベル)
5点目、 マルチタスク対応。
参考画像:スパ4の3DS(左)とXBOX360(右)比較
参考画像:MGS3の3DS(左)とPS2(右)比較
参考画像:バイオの3DS(左)とHD機(右)比較
参考画像:バイオの3DS(左)とHD機(右)比較

※(2D時の画面です。個人の感覚だと思いますが3Dでは3割増で綺麗に見える?という体験者の話もあったりします。)



本体概要

ニンテンドー3DS
サイズ 約134(横)×74(縦)×21(厚さ)ミリ(閉じた状態)
重さ 約230グラム
上画面 3.53インチ裸眼立体視機能付きワイド液晶(800×240ピクセル)
下画面 3.02インチ液晶(タッチ入力対応、320×240ピクセル)
カメラ 内カメラ×1/外カメラ×2(各640×480ピクセル)
無線通信 2.4GHz(3DS同士の対戦プレイが可能)、無線LANアクセスポイント経由でネット接続(IEEE 802.11・WPA/WPA2対応)、スリープ時に自動で3DS同士でデータを交換したり、ネットからデータを受信する機能
入力 A/B/X/Yボタン、十字ボタン、L/Rボタン、スタート/セレクトボタン、スライドパッド(360度のアナログ入力可能)、タッチスクリーン、内蔵マイク、カメラ、モーションセンサー、ジャイロセンサー
その他入力 3Dボリューム(3D表示の立体深度をスムーズに変更可能)、HOMEボタン(本体内蔵機能を呼び出す)、無線スイッチ(ゲーム中でも無線をオフできる)、電源ボタン
コネクタ ゲームカードスロット、SDメモリーカードスロット、ACアダプタ接続端子、充電端子、ヘッドホン端子
サウンド 上画面左右のステレオスピーカー
タッチペン 伸縮可能(伸ばした状態で約10センチ)
バッテリー リチウムイオン
ゲームカード 3DS専用カード(サイズはDSカードと同等、容量は発売時点で最大2Gバイト)



スペック比較

3DS DSi LL DSi DS Lite DS
134mm 161mm 137mm 133mm 138.7mm
74mm 91.4mm 74.9mm 73.9mm 84.7mm
厚さ 21mm 21.2mm 18.9mm 21.5mm 28.9mm
重量 230g 314g 214g 218g 275g
上画面サイズ(インチ) 3.53ワイド 4.2 3.25 3 3
上画面解像度
.
800×240
(3D表示時:400×240)
256×192
.
256×192
.
256×192
.
256×192
.
下画面サイズ(インチ) 3.02 4.2 3.25 3 3
下画面解像度 320×240 256×192 256×192 256×192 256×192
内カメラ 1個 1個 1個 × ×
外カメラ 2個 1個 1個 × ×
画素数 640×480 640×480 640×480 × ×
SDカードスロット × ×
スライドパッド × × × ×
モーションセンサ × × × ×
ジャイロセンサ × × × ×
3Dボリューム × × × ×
HOMEボタン × × × ×
無線スイッチ × × × ×
使用可能ソフト
<DLソフト>
.
3DS /DS(i) 用ソフト
<3DS用DLソフト>
<DSiware>
DS(i)用ソフト
.
<DSiware>
DS(i)用ソフト
.
<DSiware>
DS /GBA 用ソフト
.
.
DS /GBA 用ソフト
.
.
ゲームソフト容量
(※上記太字ソフト)
2GB~ 512MB(0.5GB) 512MB(0.5GB) 512MB(0.5GB) 512MB(0.5GB)
※重さや長さはおおよそ。
※ゲームソフト容量は現時点で採用がわかっている最大のもの。



機能・サービス

機能 サービス 参考画像
いつの間に通信 ニンテンドー3DSがスリープモードの際、
ニンテンドーゾーンや無線LANアクセスポイントを自動的に探索し、
ゲームのデータ・無料ソフト・映像などを“いつの間に”か届けてくれる。
すれ違い機能 ニンテンドー3DSがスリープモードの際に、自動的に他のニンテンドー3DSとデータを交換する機能。
最大12種類の3DSソフトの通信を同時に行うことが可能。
ダウンロード ダウンロード販売サービス Wiiにおける「Wiiショッピングチャンネル」と「みんなのニンテンドーチャンネル」に相当する機能です。
ソフトの購入に加え、体験版DL、ソフトの紹介映像やランキングなども閲覧可能です。岩田社長のインタビューで3D映画配信をしたいとのコメントも。
ショップ1
ショップ2
VC1
VC2
ソフトとデータの引っ越し機能 購入済みのダウンロードソフトを別のニンテンドー3DSに移す事が可能です。
DSiやニンテンドーDSi LLからニンテンドーDSiウェアを引っ越しすることも可能です。
※引っ越し回数には制限があります。引っ越しできないソフトもあります。
内蔵ソフト 思い出きろく帳 ソフトのプレイ記録と歩数計の機能を組み合わせた物の様です。歩数計機能には歩数に応じて「ゲームコイン」というものが貯まるようになっていて貯めると対応ゲームで共通で使える予定
Miiスタジオ Wiiの「似顔絵チャンネル」が更に強化されました。
パーツが増えた事もさながら、ニンテンドー3DSで撮った写真から自動的にMiiを作成可能です。
また、WiiやDSソフト「友達コレクション」で作成したMiiを連れて来る事ができます。
Mii用QRコード
すれちがいMii広場 ネットワーク経由で「Miiスタジオ」で作成したMiiの交換が出来ます。
すれ違った人がプレイした最新ソフト等を見る事ができます。
Mii広場1
Mii広場2
AR(拡張現実)ゲームズ 付属のARカードを外側カメラで映すと実際の映像に、バーチャルな映像を重ねてゲームができる。
ニンテンドー3DSカメラ 立体写真が撮影できます。合体カメラ(2人をの顔を合体させる)他いろいろなモードあります。
ニンテンドー3DSサウンド 音楽プレーヤー。本体マイクで録音し再生や加工。最大10秒間の音声データをSDカードに180個まで保存可能。SDカードに保存された音楽ファイル再生。曲の流行がわかる、すれちがいヒットチャートなど
顔シューティング カメラで撮影した人物の顔が敵になり打ち落としていくシューティングゲーム
すれちがい伝説 冒険ゲーム。すれちがいMii広場で集まったMiiを使って冒険(詳細不明)
インタネットブラウザー インターネットができます。
互換機能 ニンテンドーDSのソフトも遊べます。
保護者による使用制限機能 子どもにも安心して使えるように、レーティングによるゲームの起動制限やブラウザーの起動制限,3D表示不可設定など
HOMEボタン ゲーム中に押すとHOMEメニューを表示します。ゲームを終了させることなく一時中断し、別の作業をしたあとまたゲームが再開ができます。※ソフトの状態によって機能が使用できない場合があります。
3D動画撮影? 将来のバージョンアップで3D動画撮影も可能したいと岩田社長の公式発言がありどうなるか未定


名前:
コメント: