JPGIS形式の標高データからDigital Elevation Mapをつくる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地理空間情報利活用推進法の制定によって、標高データなどの公開が進んでいる。

10mメッシュ幅の標高データは、従来火山地形の周囲のみしか公開されていなかったが、

最近では、公開地域が拡がっている。

http://fgd.gsi.go.jp/download/

の数値標高モデルをクリックし、標高データを得たい領域を選択しダウンロードできるようになっている。

 

ここでダウンロードできるデータはJPGIS形式というXMLタグで整形されたデータである。

標高を取り出すには、xmlデータの以下の情報を便りにすればよい。 

 

■標高情報の精度

 0.4秒(約10m)間隔で切った方眼の中心点の標高

 数値自体は小数点第一位まで表示されるが、信頼できるのは1の位まで。

 

■経度・緯度の範囲

北海道有珠山近傍(虻田)地域のJPGISデータを見ると、

<jps:westBoundLongitude>140.75</jps:westBoundLongitude>
<jps:eastBoundLongitude>140.875</jps:eastBoundLongitude>
<jps:southBoundLatitude>42.5</jps:southBoundLatitude>
<jps:northBoundLatitude>42.583333333</jps:northBoundLatitude>

とある。マップの端の緯度・経度はこれらのタグで囲まれた値を読めば良い。

何点のデータがあるかについては、

<jps:extent>
<jps:low>
<jps:coordValues>0 0</jps:coordValues>
</jps:low>
<jps:high>
<jps:coordValues>1124 749</jps:coordValues>
</jps:high>
</jps:extent>
 

の部分を見る。この場合、東西には1125点、南北には750点のデータがあると分かる。
 

■標高情報の抽出

あとは、

<jps:values>
<jps:memberValue>
<type></type>
<alti>356.50</alti>
</jps:memberValue>
</jps:values>
<jps:values>
<jps:memberValue>
<type></type>
<alti>354.30</alti>
</jps:memberValue>
</jps:values>
・・・

と続く<alti>タグの中身をとっていけば良い。

 

■緯度・経度の幅をメートルに直したい

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/bl2stf.html

を使うと便利。