幹部クラス(2 > 4)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.

瑞浪(みずなみ)
身長 176cm 体重 56kg 誕生日 3月7日。25歳。一人称は私。
仮名。本名は不明。ブロンドのウェーブがかかったロングヘアに、艶やかな唇と妖艶な雰囲気を出すスタイル抜群の美女。右目は前髪で隠れており、左目の下に泣きホクロがある。瞳の色は黄緑。
中将クラスの一人。
「fortguerrier」の白に挑発したり「坊や」と呼んだりと余裕のある態度や性格をしている。瑞浪本人は白の事を「似ている」と言ったり「あなたみたいな人間とは私、戦うには1番相性がいいの」と言ったりしている。(因みに白に関しては「一つの物に欲が固まりすぎている」と言っていた事もあった)
人を勧誘したり観察したりするのは好きらしく、実際白を勧誘しチームに入れ、光の正体にも序盤で薄々気づき始めていた様子。
周りからの評価は良く、メシアにも信頼を得ており、部下の夢憂にも尊敬される等かなりのやり手である。
武器は鉤爪であり、それを両手に着けて戦う。光と一度対戦し、勝利する。その後裏切った白と戦闘になるが敗北、死亡する。
作者は空 琥珀。


夢憂(むゆう)
少将。(白も勧誘された時、この位置の官位であった。)
身長 155cm 体重 44kg 誕生日 9月10日。17歳。一人称は私。
ピンクの長い髪をツインテールにしている美少女。瞳の色はピンク。
言いたい事はハッキリと言う性格。自分の家族を殺してくれた瑞浪が大好き。レオナルドの事は瑞浪が慕っているので自分も慕うという感じであり、他の仲間はぞんざいに扱っている。(特に武士やメシアにはそれが顕著である)

戦闘スタイルは相手の夢の中に入り精神的に追い詰めて行くというもの。
光との対戦の時は彼の傷を抉るような事をし、光を苦しめた。だが、これがきっかけで彼の記憶を鮮明に蘇らせてしまう。
完全に過去を思い出した光に押され気味になった時、現れたメシアによって殺されてしまう。(だが彼女も少将クラスなので、決して弱くはなく、寧ろレオナルドに会えるレベルである)
作者曰く「ビッチ」との事。
服装は主に濃いピンクであり、臍出しにピンクチェックのミニスカート。サイハイニーソに高いヒールの靴を履いている。
作者は龍ヶ崎。





.