※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

哲学をするにあたって、叙述の中心を定めることは重要なことです。
全体を語りたいと思うときに、どこから始めるのが妥当か?

とりあえずの出発点として、「見る」ことの経験としての重さ、説得力から始めます。
とにかく「百聞は一見にしかず」だし、「一目瞭然」だし、「人は見たものしか信じない」ですから。

世界の経験、とりわけ心理的なそれを、パースペクティブ(見える角度と距離感)から解明していきたいと思います。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー