※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

爛熟する日本のコミック文化は、人類の至宝とも言えます。

身近すぎて、親しみ易すぎて、かえって真価を見失いがちなこの文化の可能性を、さまざまな側面から切り出していきたいと思います。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー