※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リーマン・ショック以来、現代資本主義の限界はあらわなものとなっている。
ただちに破綻や崩壊が訪れるというものでもないだろうが、オプティミスティックに発展ばかりを信じられた時代は終わったと言えよう。
無論、これまでだって資本主義の危機は何度も訪れて、その都度乗り越えてきたのだという主張にも一理はある。
もしそうだとしても、少なくとも資本主義のモードチェンジのタイミングが訪れていることは間違いない。
現代資本主義の課題と、新たな時代の方向性を検討してみたい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー