ボトムなページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

削除された「用語」を待っていたのは、また地獄だった。
削除の後に住み着いたカオスと無秩序。
浅はかさが生み出したアンダーグラウンドのページ。
ササとザマニ、栄光と怠慢とを厨二病にブチまけた、
ここはodysseaの深い闇が巣食う場所。

隔離「されてしまったもの」
カムイ外伝が飲む『黒庵人』 のコーヒーは苦い。




ようは隔離ページです。書き込み・削除のガイドラインに引っ掛かったページが来ます。
↓以降、豚箱に来た情報

かっとビング

かっとビング!! それは勇気を持って一歩踏み出すこと!
かっとビング!! それはどんなピンチでも決して諦めないこと!
かっとビング!! それはあらゆる困難にチャレンジすること!
「諦めたらそこで人の心は死んじゃうんだ!」

【削除理由】ウィキチ。Odysseaではない。

デバイス・アンタレスタ・スギュラクタ

543 水先案名無い人 :2006/11/22(水) 01:16:36 ID:zAmT82N30
中学生の頃、繁華街のはずれで別の中学校の学生2人にからまれた。

「悪いけど4000円ほど貸してよ。僕ちゃん」だってさ。
俺はもう当時アニメ・漫画・ゲーム三昧で、
必殺技の名称および自分の隠された能力を研究・開発することに没頭していた。
絡まれた瞬間はマジでビビった。そんなことあるとは全く思ってなかったから。
でも強がる性格だけはゆるぎなく、
『あん?なんだ?おまえら』と主人公らしくキレイな声を出して俺は答えた。
相手が「おまえ、ヤル気か?」とか言ってきた瞬間、必殺技が出た。自分でもびっくりした。
そりゃ、毎日、部屋の中で、学校で、練習できるところで何十回、何百回と練習してきたんだからな。
恐ろしいもんだ。毎日腐るほど練習していれば、息を吐くように必殺技が繰り出せるもんだよ。
自分でもびっくりする。
その必殺技とは、まず右半身を後ろに引きながら右腕を一度静かに後ろへ持っていき、
そして半分だけかめはめ波を打つような体制に入って、
その直後思いっきり腰の回転&地面を蹴り上げる反動を利用した、少し上からのナックルが相手の顔面を捉えるというもの。
目の付近にヒットさせると『暗闇』の追加効果。アゴ付近にヒットした場合だと『気絶』の追加効果。

デバイス・アンタレスタ・スギュラクタ!!!!!!

ちゃんと発音できたかどうかは覚えていない。とにかく、当時俺が考えていた接近戦で最も効率的な必殺技を繰り出した。
それが『デバイス・アンタレスタ・スギュラクタ』だったんだよ。何やってんだ俺。
とにかく、街中にその叫び声が響いたことだけは記憶している。
そんでもって、あろうことか、そのタメパンチが相手の眼球か眼球付近にクリーンヒット。3メートルほど吹っ飛んだ。
まさにクリティカルヒットと言ってもいいくらい。で、俺の勝利のセリフ。公衆の面前で。結構な人に見られた。
『神と魔王が俺に等しく力を授け、そして放たれた一撃。それが、デバイス・アンタレスタ・スギュラクタだ。覚えておけ・・フフ・・』
などと言って、さっそうと振り返って去っていった。近くに居たDQN風な兄ちゃんに、
「デバイス・アンタレスタ・スギュラクタってつえ~なあww」とか言われた。死ね俺。
ガイドライン板より引用

【削除理由】まんまコピペやん。

デモンズハンド

テクノブレイカーと呻く運命がたまに使う必殺技。
「―――そうか、お前たちも飢えているか。
 いいだろう、食事の時間だ」
というキメ台詞と共に相手を嬲り屠り翻弄する。

参考動画

【削除理由】オリジナリティが無い。参考動画が18禁。あと、風化して幻の必殺技になったため。

HA☆GA

決闘者なら誰もが知るカリスマ決闘者(デュエリスト)
OCGで恵まれていない昆虫族デッキを使用して日本チャンプになった猛者。
性格は冷静で思慮深い。
エクゾディアをかつて誰もが思いつかないような奇策でやぶることからそのことがうかがえる。
超レアカードのゴキボールを少年に無償で渡すという心優しいところもあるが、
「羽蛾さん、これゴキボール。レアカードじゃない!」
といわれ、さすがの彼もそのときばかりはキレた。odyssea公認決闘者。

【削除理由】ウィキチ。Odyssea非公式決闘者。

プラシド

250円同盟兼絶望同盟のメンバー。
口癖は「絶望」
デュエルに心理フェイズを用いてアクセルシンクロを封じた。
合体します。

【削除理由】ウィキチ。遊戯王関連は削除対象になりうる可能性が高い。

桂ヒナギク

桂 ヒナギク(桂 雛菊)は、畑健二郎の漫画作品及びそれを原作とするアニメ『ハヤテのごとく!』に登場する架空の人物。アニメでの声優は伊藤静。
生年月日1989年3月3日、血液型O型、年齢16歳(初登場時15歳)、身長161cm、体重45kg。
白皇学院高等部の特待生で、生徒会長と剣道部部長を両立している。極度の高所恐怖症。
キャラクター人気投票では一位を独占するほどの実力。熱狂的なファンが多く、ヒナギクぅぅうううわぁあああああんが作成されるほど。
作中で『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニングテーマ曲『残酷な天使のテーゼ』を歌ったことがあり、ヒナギク役の伊藤静が歌う同曲がキャラクターカバーCDに収録されている。

【削除理由】Odysseaのキャラクターではない。

雀荘『ウエマツ』戦闘曲


【削除理由】遊び心から来たもの。赦すよ…

テクノブレイカー

世界でたった8人しかいないとされる伝説の能力者(スキル)、またはその称号。
テクノブレイカーとは、様々な試練と困難を乗り越え、仙人と謳われし者を超え、頂点に君臨する能力者だけがその称号を称えられるのが一般常識であるが、
実際のところは先天的な才能を持つ者にしか現れないとされ、非常に稀有なスキルである。
その才能開花と同時に、テクノブレイカーの最もスタンダードな最終秘奥義、テクノブレイクを会得することが出来る。
一度テクノブレイクをした者は「超越者」と呼ばれ、死を経験することになる。
それを乗り越えたものが真のテクノブレイカーであり、テクノブレイクに失敗すると、所謂「落ちテク」を引き起こす。人間の場合は致死。
現在Odysseaのテクノブレイカーはダムト末端だけである。

【削除理由】風化。というか、このワードはちょっと・・・あまりにも若すぎる。

テクノブレイク

テクノブレイカーのみが放つことの出来る最終秘奥義。
効果、相手は死ぬ。が、外すと自分は反確のみならず、大量に射精してショック死する。ロマン性が強く、まさにハイリスク・ハイリターンな必殺技。

【削除理由】同上。なんでこんな設定があったんだろうか。てか射精て。。。

エグジギュアス

必殺最終奥義、テクノブレイクを跳ね返す唯一のカウンター奥義。
テクノブレイクの発動時、エグジギュアスと言い放つことにより、テクノブレイカーは死を理解し、自ら滅する。
言い放つだけで自分は何もせず、ただ直立するだけで発動する最凶のカウンター技である。
ただし、これを使えるのもまたテクノブレイカーであることを忘れてはいけない。

【削除理由】同上。名前はかっこいいんだけど、意味は「乏しい」。

ルシファル現象

在庫が大量発生してしまった某RPGゲームから生まれた現象である。パルファル現象とも言う。
意味が難解な単語に、さらに難解な単語を積み重ねることによって始めて見える「夢幻泡影の境地」として知られている。
あまりにも一般人にとって理解しがたいことから、ネルヴァが専門としており、彼以外が手を出すのは非常に危険な行為である。

例文
開発者  バシシのゼクがファラウェイにアモルファスを要請するんですよ。
記者  では重機神は皆、ノーマルではないと?
開発者  で、ファルシなわけです。
記者  ええ? 今回もですか。
開発者  この時代はファルシがロートロイド化したヴェイサーの下でブレイズオンされてるんですよ。
記者  それがゼクだと。
開発者  そうです。ギャリング・ジータのロートロイドは極めてゲインなわけで、これを狙うのがプレスレイルと言うわけです。エナがチャンガ
してる状態ですね。
記者  主人公のプラズマ・ブレイドがカッコいいですね。
開発者  シーク・スペースの力をぺーズ・インした異空間テクノロジーです。主にブレイズ・オフと共鳴し、象徴としての存在に限定ビルドを発
動します。これがスィーヴレベル26Gk(ギガカイル)値を超えた時にユブが反転し、ニュラルのサイコドール達が真の姿を見せるんです。
記者  もしかして召喚はそこで?
開発者  リング・キャパシの度合いにも寄りますが、真・皇・轟のモジュラが揃えば……。
記者  ワクワクしてきました。
開発者  おっと。今日は喋りすぎちゃったみたいです。
【FF15】FINAL FANTASY XV ~No.1より抜粋

ちなみに、ネルヴァ氏は「これが微塵にも理解できたものは、情報屋全般に手厚く歓迎されるだろう」と語っており
特殊な機関で才能を生かすのもまた一つの道かもしれない。

【削除理由】流石に抜粋はアカンやろ。あと風化。

パルファル現象

ルシファル現象に同じ。
Odyssea内では「パルファる」や「ルシファる」のように、動詞として活用される。

【削除理由】上とセットで。いらない。ポイポイッ

楽曲


【削除理由】完全に需要が消えたため。所詮は一時期の流行り。なんで今までメニューにいたのか不思議なレベル。あと重い。

書物


【削除理由】今までこいつがのうのうとメニューの座を陣取っていたことが甚だ遺憾であること言はん方無し。Odyssea公認黒歴史。

腐無ッ死ー

近年、魔界の各テレビ局から引っ張りだこになっているオンドルーン公認マスコットキャラクター。
登場の度に、「オデュ汁ブシャー!!!!」の掛け声と共に腐無ッ死ーから撒布される五臓六腑の汚物でスタジオが血の海と化す。
オデュ汁に触れたものは文字通り腐って無くなって死ぬ。その為、ゲストから毎回数人の死人が出ているが、
オデュ汁から発生される臓物ヘドロガスには空気感染によって伝染するオンドルーンウイルスT3型(通称:腐無ッ死ーウイルス)が含まれており、
麻薬的快楽を含む脳波が広範囲に渡って享受され、視界にはオンドルーンが浮かび上がる。
故に魔界伝達業界は依存性の高いオンドルーン症候群(致死性を含む)を避けることは出来ない。大した騒ぎにならないのはこのためである。
愈々以って黒死獣(ウイルス)が體を廻る原始(とき)。
天に禽が眼を劈き、地に畜生が糞を喰らい、凡百の衆人が翹望の隗肉の刻が、己の肉を、器を、剥奪する。
文心雕竜の性霊が三千世界の大苦艱を甞め、嘗ての風骨を穿ち、ただ鳴り響くはこの三半規管の漿液を濁すだけ。
今日モ何処カデ彼ノ怒号ガ谺ス――――――

【削除理由】オデュ汁が汚い。不快。

雪の宿

Odysseaが創りだした概念の中でも最弱に近い概念。
相手に「どうして…」と言わせるだけの為に存在する。
フルリ人と同じくらいの弱さである。

【削除理由】弱すぎる オデュ汚しの罪
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|