エリカ=ツェペシュ=ゲーベルト=ベルクホルン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海外研修にてドイツの森で迷ってしまった。
右も左もわからぬまま彷徨い続けると、
そこには古めかしい屋敷があった。
時刻は夕暮れ。このまま歩いていても元の場所に戻れる保証はない。
そこでこの屋敷に入ることを決めた。
扉を開けるとそこにはー

「あら、めずらしい。ここを訪れる物好きがいるなんて」
「ここはエリカ=ツェペシュ=ゲーベルト=ベルクホルンの住まいとわかって来たのだから、覚悟はできているのよね?」

美しい吸血鬼がいた。






ツェペシュの名が示す通り彼女は吸血鬼の血統に列なる者だ。
ツェペシュの名は吸血鬼の始祖ヴラド=ツェペシュの血を継ぐ証。
彼女自身は吸血鬼だが『血の王』(つまり後継者)を継ぐ争いの際、同胞から狙われ続け、それを生き抜くために吸血鬼の弱点を克服した。
つい最近まで、その存在は伝承に過ぎないとされていた。
「そんな根も葉もないうわさも立ってるけど、」

「あくまでうわさよ。本気にしてないわよね?」















「ここはエリカ=ツェペシュ=ゲーベルト=ベルクホルンのページ」
「見てのとおり何も書かれていないわ」
「それでもよければくつろいでいくといいわ」
「あ、あとこのOdyssea公式wikiはこの私、即ちIliasが ハック したわ。
 でも流石にかわいそうだから、このページだけにしてあげる。・・・え?何がって?
  私が好き勝手自由に記事を書けるスペースのことよ 。分かったわね?」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|