ページ13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構想ノート
1. チョコフォンの森
2. チョコフォンを手懐けるイベントにて、森を脱出し、浅瀬を通り主人公の村へ
3. 主人公の故郷「シリンカ村」につく
4. ディノ、村人に出迎えられる。
5. とりあえず疲れたから一息付きたい二人。
6. しかし、村人はディノの旅の話を聞こうと宴会を開く
7. 村に伝わる民族の踊りがある イメージ↓
8.
9.
10. 休みたいと思ったディノだがつい一緒に踊る。
11. ミリア、束の間の笑顔
12. ミリアが笑ってくれたなら、まぁ良かったと思うディノ
13. ここで、ちょっと敵のシーンになる。
14. 少女二人が木の上などの高い場所でエデンを見降ろしている。
15. リーヴァ「あら~本当にエデンって素敵なところねぇ。バカンスに来たいかな~!」
16. リリアン「何呑気なこと言ってるの。エデンのせいでワールドは荒廃してんのよ!とにかく、双子の片割れを捕まえるのよ!」
17. リーヴァ「りょーかい」
18. 次の日。
19. ディノ父親の(母親?)の墓の前に座る。
20. 「親父…知らなかったよ。親父がとんでもないことに巻き込まれてたなんてさ」
21. 「でも安心してくれ。俺が親父の分までしっかりやり遂げるからさ」
22. そこにミリアがやってくる。
23. 「あ・・もしかして、ここはレックスのお墓?」
24. 「そうだよ。ここにレックス・オルコットは眠ってる」
25. 「なんだか不思議。色々話には聞いて来たけど、やっぱりレックスは居ないんだって思ったの」
26. 「俺の自慢の父親だった」
27. 「おや・・・うわっ」
28. 立ちあがろうとしてよろけて墓にぶつかる
29. すると、スイッチが入り、下に階段が連なる
30. 「な、なにこれ…」
31. ディノ「とりあえずいってみっか!」
32. 父の墓の下のダンジョン
33. そこを追ってくる二人の女がいる。
34. 組織の幹部で、社長直属の戦士である、リーヴァと研究者兼、薬物師のリリアンの二人である。
35. 二人は、研究の成果を試す第一号として、ワールドから使命を持って派遣された
36. 十数人がワールドから既にエデンにやってきている。(失敗しても良いような、実験台にされているため、老魔道士や社長はまだ来ていない。ワールドではもちろん英雄扱いだ。英雄扱いのくだりは宇宙飛行士のような感じを想像していただけると良いかも)
37. その中で、ミリアを攫うことを目的にしているのがこの二人。
38. マリアもこのプロジェクトで連れてこられている(エデンの案内役で。が実際マリアはそんなにエデンに詳しくないのだ)
39. マリアは、組織がワープした地の洋館の廃墟(を勝手に本拠地にした)に捉えられている。
40. 奥で父親のワールドについての書き残しが大量にある。
41. ここに隠していたのは、これだけの量の「創作」する変人と見られないため。
42. そこにリーヴァとリリアンが出てくる
43. リーヴァ「こんにちは!初めましてっ!私、ウルストンクラフト社長直属部隊の○○のリーヴァって言うの。よろしくねっ!」
44. ディノ「はあ・・・?」
45. リーヴァ「さっそくだけど、そこのお嬢ちゃんに用があるのっ」
46. 戦闘(リーヴァ、戦士、リリアン、調合や爆弾など)
47. 普通に戦闘して勝つ
48. リーヴァ「お、覚えてなさいよ!!こっちはあんたらの仲間の子を人質に取ってるんだからぁ!」
49. ミリア「なんですって!マリアを返して!返してよぉぉ」
50. リーヴァ「やだ、泣かないで・・あたし悪いことしてるみたいじゃない!」
51. リリアン「無駄口は良いから逃げるわよ!」
52. ディノ「なんなんだあいつは」
53. その後もちょくちょく追われる。
54. ディノ「まーたお前か!いい加減にマリアの居場所を教えろ!」
55. そのうち、先の街の食堂に居たりする。
56. エデンの村の食堂
57. ディノ「あー!お前!」
58. リーヴァ「今はねぇ、休憩してるのよ。邪魔しないでくれる?」
59. ディノ「何ふざけたこと言ってるんだ。マリアの居場所を教えろ!」
60. リーヴァ「あーやだやだ、人が食事してるのにマリアマリアマリアマリアってぇー!」
61. 戦闘
62. 負けて逃げる。
63. 食堂のおばちゃん
64. 「なんだか物騒な子なのね。ここ最近、うちの獅子雨(食べ物の名前。春雨みたいなもん)が気に入ったってしょっちゅう来てた子なんだけど・・・なんだか残念だよ」
65. 追ってみても、うまく撒かれてしまってマリアの場所には辿りつけない。
66. リーヴァとディノたちが道中、戦っている間に、組織は続々とエデンの東の地に拠点を築いていた。
67. 社長はついにエデンの地に足を踏み入れる
68. 「レックス、お前が言っていた大地はこのことか!確かに素晴らしい、夢のような地だ」
69. 組織、祝杯を上げる。(廃墟を立てなおした洋館にて)
70. リーヴァの件片付く
71. 雨が降る日に大量のエネルギーがなんたら…
72.
3.プレイヤーが自由に回れる場所
73. 最低でも3か所、エデンを散策するとする。
簡単に言えば、ワールドの真逆。平和で、呑気でおとぎ話のような世界である。
74.
75. その例としての名無し案
76. 「空からお菓子が降ってくる(クリスタルの仕業」
77. 「人魚のいる場所がある」
78.

79. 4.少しずつ明らかになる組織の影響とマリアの行方
80. 5.クリスタルの均衡が崩れる兆候
81. 組織が、頻繁にワールドとエデンの間に「穴」を開けて物を移動させているので、少しずつクリスタルがおかしくなってくる。
82. それを踏まえた怪奇現象として「空からお菓子」などのファンシーな現象になっていく。
83.
84. 6.修道院
85. 3か所(仮)を全部回ると(全部を回らなくても別にいいかも)、修道院に何かあるだろうとプレイヤーは思う。
86. そして、大きな橋を渡って修道院へ行くこととなる。
87.
88. 修道院に入ると、
89. 「…フン」
90. 「・・・・・・」
91. と誰も口を開いてくれない。
92.
93. とりあえず奥の間へ行くと、少年が扉の前に立っている。
94. 「誰だ、お前らは」
95.
96. ミリア「この奥に、こーんな顔の女の子いないかしら」
97. 「!!? いや、そんなはずは・・・そんなはずはそんなはずは
98. …いや、居ないはずだ。ちょっと待て」
99.
100. 中に入る。出てくる
101. 「いない。帰れ」
102.
103. 二人「すんごく怪しい・・・」
104.
105. 修道院の裏から忍びこめる。これはプレイヤーに頑張って探してもらう。
106.
107. 外れの部屋(マリアがいない部屋)を覗くと彼らの会話を盗み聞き出来る。
108.
109. まだ未定
110.
111. 部屋へ行くとマリアが座っている。
112. ミリア「マリアーーー!!」
113. マリア「シーッ!来てくれたのね。ありがとう」
114.
115. 以下未定
116. ボツになるかもしれない
117. 7.マリアと合流したその後
118. 未定
119.
120.
121.
122. 野菜の森・空からお菓子が降ってくる村 (クリスタルの仕業)
123.
124.
125. 22.が、ワールドでワープの実験が成功したのか、ワールドからの刺客が双子を狙ってやってくる。
126. その中で強烈な敵役が登場する。
127. 悪の組織の本当の目的「エデンを完全植民地化 」
128.
129. ケリヴァ・・女でケフカ+リノア+ヴァニラ系
130. 「へーエデンって悪くないじゃな~い。むしろ、ちょっと気に入ったかもぉー
131.  あたしの大好きな○○(食べ物)はあるのかなっ♪あったら嬉しいな♪」
132.
133. (何かしょうもないことをやらかして)
134. 「あたしはあたしなりに頑張ってるの!怒んないで!」
135.
136. 「そんな顔してると良い男が台無しだよ!笑って笑って!」
137.
138. 「あたしは・・・組織の犬なんかじゃない!」
139.
140. 「あたしが好きなのは社長だけ、ごめんねっ」
141.
142. ととにかくうざい。そんなに強くはなくエデンでの騒動も自分勝手な発想から引き起こす事が多い。
143.
144.
145. 男・・未定
146.
147. 23.やつらより先にマリアを見つけなければならないのでエデン中を奔走するディノたち。
148. マリアは、修道院に捕えられていた。
149. ノムF系の空間 の中にいる ビックブリッヂのような橋を渡り、脱出 。
150.
151. そこで「大雨がどの時に降るのか、言い伝えから割り出す」ことにも成功する。
152.
153.
154. 24.エルゼアの大賢者とともに大雨までに人々に来る厄災を防ぐ準備を続ける。
155. 大賢者の力をフルに使っても出来るのは「ワールドのジェイやシリンカと少し会話が出来る」だけ。
156. そして、大賢者から「魔道士だけでは勝算がない、実は大昔に我々と袂を断って行った人々が居る。それがピサマヤーのモンクたちである。彼らと一緒にエデンを護るしか手はない。ディノ、司令官として説得しに行ってくれ」
そして、エルゼア周辺の人々はエルゼアに全て集めて避難させる。

157. そこで人々が「反エデン」として団結していることを知り、ショックを受けるディノ。
158. ワープする力を持つ双子の力は絶大=クリスタルの力は絶大。
159.
160. イベントで世界中から名のある戦士を好みで集める事ができる 。
161.
162. それによって、実際にワールドから敵が攻めてきた際、ディノたちが戦う敵が変わる
163. (集めた戦士によって変わる)
164.
165. 25.双子が一人に戻されてしまう 。二人の13歳の肉体では膨大な魔力をとどめられない為に、彼女ら は18歳くらいの風貌になってしまう。
166. 完全なクリスタルになった双子の力を手に入れた悪の組織 は、戦艦をエデンに飛ばせるほどの力を手に入れ、エデンへ押し寄せる。
167.
168. 26 .大雨の中、大軍が押し寄せる。(船や飛空挺)
169. まずはディノがワールドの軍に呼びかける 。「これは無駄な戦いである」と。
170. 前線はエルゼアに入られないように戦うが、野蛮なワールドの軍の気迫に負けて城内に逃げてしまう。
171. 死人が出ないのが幸であったが、大雨のせいで津波が起き戦いどころではなくなる。
172.
173. オルバやシリンカは同じ座標の場所で人々を避難させている。
174. エルゼアの地下講堂は、エデンの住民全てが避難できる。それと同じ物がワールドにもある
175.
176. そこに集められた全ての人々を乗せて、エルゼアは浮上する 。
177.
178. 浮上し、雨雲が引きエデンの全貌が見える。が、よく見るとエデンとワールドが少し重なっているのだ 。
179.
180.
181. 組織の先鋭軍は水没し、全滅する。
182. 27.そこで二つの世界は行き来可能の状態 になり、そのことがワールドの住民にも知れ渡り、住民がクーデターを起こす。
183.
184. 組織は壊滅、社長は社会的に抹殺 される。そこで社長ファビョる。
185. その間、組織を操っていた大元の大魔道士(テレジアとかが邪魔だから積極的に排除しようとした大悪人)
186. が正体を現し、またエデンを攻めようとするが、ディノらに阻止される。
187.
188. その間に、抹殺された後も人々に憎まれる存在になった社長は自暴自棄が激しくなり、ついに
189. 全ての「死んだクリスタル」を覚醒させ、強大な力を手に入れる。
190.
191. 全ての生き物を「拒否」した空間に「引きこもった状態」 になる。
192. しかし、常に世界のエネルギーを吸う「世界の繭」は害悪にしかならない。
193.
194. 31.世界の繭がいつどうなるかすら分からない中で、人々は恐怖に怯えている。
195. その中でいくつか準備の為にあちこち行く
196.
197. エデン・ワールドのクリスタルの力を借りて、中に入れる。
198.
199. ラスボス化したトップを倒す。
200.
201.
202. 28.魔道士がしつこく生き延びていて屍となったトップを操り人形のようにする。
203. その行動に激怒した主人公、魔道士を追う。
204.
205. 29.クリスタルすら見たことのない、トップの思念の世界に迷い込む主人公たち。
206. そうとは知らずに、愚弄する大魔道士。
207. 最終決戦 が始まる。
208.
209.
210. 30.クリスタルが力尽き、思念が世界に拡散し、世界は闇におおわれる。
211. ここまで来て何も守れなかったのか・・と悔し涙を流すディノ 。
212. すると、ディノの首から下がっている、たった一欠片のクリスタルが輝きだす。
213.
214. それはみるみる大きくなり、双子や今まで出会ってきた仲間の想いとともに広がっていく。
215.
216. 「お前が守ってくれたのか、世界を」
217.
218. そして思念が浄化され、クリスタルは砕けた。
219.
220. 「クリスタルはもうない。でも、きっとなんとかなるさ」
221.
222. 双子は双子に戻り、孤児院の先生にプレゼントを渡しに行く。
223. ディノは父親の墓へ行き地図やその他の遺品を備えに行く。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。