エデンの設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エデン

エデンは平和な世界であるが、ただ一つ誰しもが気付いてすらいない点を上げるとすればそれは歴史がないことである。
たから世界としてはとても不自然な状態であるが、誰も気づいていない。
ディノや父親が冒険家であるということは、どちらかと言うと危険な山や崖の登る、秘境を探索する部分が大きく、遺跡などはほぼ存在していない。


エルゼア


統治者:だいまどうし
気候:温暖湿潤気候
主要産業:観光

華美に装飾された美しい神殿とクリスタルが街のシンボル。
綺麗な景観の街であり、さらに近隣の村からの豊かな物産(魚、農業製品、繊維品を加工したお土産など)が毎朝市場に並ぶので、エデン有数の観光都市として栄えている。
ゆりかごから墓場まで揃えられると言われている。

人々が陽気で人懐こいのも特徴。酒場に入れば誰かしらが酒をふるまってくれるだろう(もちろん未成年者以外である)
エルゼアで生活していることに誇りを持っており「生まれてから死ぬまでここで生活すること」がステータスなのである。


大魔道士が街を統治しており、修行の身の魔道士達が必ず一度はここを目指し、大魔道士に相まみえようとする。
魔道士以外の一般人が大魔道師を見れるのは、年に一度の祭りの日だけである。なのでこの日は特に人が多く集まる。

神殿は常に解放されており、人々はクリスタルを心のよりどころにしている。
大魔道士とそれに準ずる魔道士たちは滅多に姿を見せず、神殿の奥のタワーにいるが、
クリスタルと人々を繋ぐ役割の神官はいつでも出迎えてくれる。

神官は魔法は使えないが、人々がより良いクリスタルの導きが受けられるように親身になってくれる。
神官の特殊能力として、額の「印」が見える。

額の印とは神官が見ると、浮かび上がってくる幾何学文字で、彼らだけが解読することができるのだ。
そこから何が分かるかと言うと、
  • 今なんの職業についているか
  • 熟練度はどの程度か
  • 今までなんのジョブについてきたか
  • 次の転職はいつ可能か
の情報が浮かび上がるらしい。それを読める能力を持つのが神官。

この印とは、平たく言えば戸籍謄本のようなもので、ある意味クリスタルに管理されている立場になりましたよ、ということである。
加護と力を授かる代わりに、クリスタルに管理されるようになると言えよう。
それの象徴としての額のしるしは「自由」とは対極にあると言える。

実質的な統治者は大魔道士ではあるが、実際に統治しているのはクリスタルである。

クリスタルは人々に力を与えて人々の力を均等にするという事をしている(これはエデンの人には分からない)

また、エルゼアの人のジョブ取得率は成人でほぼ100%だが、エルゼアから遠ざかるほど、取得率は下がっていく。
(各地の小クリスタルでもらったり、わざわざ行くのがめんどくさいということや、ピサマヤーのように独自の方法で技を磨く人たちがいるからである)

これは、クリスタルにとっては「エルゼア周辺に住んでいる人たちに特に力を均等に持っていて欲しい」というメッセージであり、
後半の侵略戦争の場がエルゼアだということと密接に関わってくる。
なぜ、クリスタルが特にエルゼアを護りたいのかと言うと、戦争の場になることもあるが、エルゼアの地が創生神に一番近い場所であるからでもある。この地に一番世界の力が宿っている。
(妖精王が守っているのは新たに発生した「世界再生の兆しの力」であり、言うならば赤ん坊のようなものである)



クリスタルは表向きには、職業相談所のような扱いになっているが、無償で人々に力を授けているわけではない。
未来に起こることに対し、対策を講じているのである。
クリスタルは、世界の創生神が居て、その創生神の本当の企みや現在の状況、いずれ人がやらかすであろう未来が見えている。
クリスタル自体は過去存在していた「世界」の記憶であり、創生神よりも、人間贔屓である(過去に創生神が「不要」と思って破壊されたセカイの人の記憶なのだから当たり前だが)
そこで、人々が創生神に翻弄されない世界を作ることを願っているのであり、創生神すら欺きつつ、戦争に向けてこうしたことを行っている。

クリスタルが望まない結末は、侵略者にエデンを荒らされエデンもワールドと同じように滅び、二度と人間世界が形成されなくなる世界である。

儀式について

13歳以上の者で就きたいという意思のある物なら誰でも可
なりたいと思うものを決めて(迷っていたらクリスタルがより適切なものにしてくれる)神殿に赴く。
神官に説明を受けて、クリスタルの前に立つだけである。
眼を閉じるて「私は戦士になりたいです」と念じる。承諾されれば(才能があれば)そのまま戦士の力が引き出され、
修行すればするほどメキメキと力がつくようになる。
もし、あまりにも向いていない場合はクリスタルから別の職業へ就くように促され(言葉は発しない)承諾すればそれになる。
あまりにも拒否すると修得失敗となり、しばらくもらえなくなる。

構造としては、本来人が持っている様々な技能を特に引きのばしてくれると言った風である。
それにさらに加護もつけてくれると言った風。

主人公たちは、加護されはするが、管理される立場ではない。
引きのばすという原理から大きく外れ「自由自在にジョブを操る能力」を授けられるのである。
向き不向きではなく、ジョブの力自体をクリスタルからもらえる。
それらはメニュー画面からプレイヤーが確認すること、また天からの声で「お前たちはジョブの力を操り、この世界を生き抜くのだ」と言われれば充分である。


修得の時に輝きが見える

輝き=ジョブである。
大きな輝き=一番適正のある時
二つくらい見える=どっちも同等くらいに資質があるから選んでね
三つ=滅多にないが、意味は上と同等。

どちらにせよ、 たった一つの輝き が与えられるのがふつうであり、
主人公たちは6つ同時に与えられるから最初は混乱するのである。




エルゼア周辺の村


羊をかっている村
繊維品が盛んである。

漁業を生業にしている村
料理がエデン一美味しい。大抵の観光客はここもセットで寄っていく。


ピサマヤー

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。