20110317


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガルダ連隊長
連隊長であるからどこかに駐屯している。
リーヴァが死ぬ時は、渓谷辺りにいた。

フルネームは、アーネスト・フォン・ガルダ

奥さんは歌手で名はエステル・ヴェガ。(エステル・ヴェガ・ガルダ)
結婚して引退したものの、やはり歌を唄うことが好きで滅多に家に帰ってこない。
なのでリーヴァが小さい頃はガルダが一人で世話をしたようなものであり、しょっちゅう仕事場に娘を連れて来ていた
(あの絵(走り回るリーヴァに慌てているガルダの図)も設定と噛み合っていることになる)

外から見れば別居状態だが、それでも結婚生活が破たんしていないという変な夫婦である。
知の泉アカデミアには「エステル・ヴェガの歌声」という本がある。
それと、ゴドウィンの街には蓄音器があり、エステル・ヴェガのレコードはどこの家にもある。

前の奥さんはグイネヴィア(クリスの母)死別している。



イシドールという女性

ノーバード・ヴォルケンシュタイン大佐
渓谷辺りに出てくる大佐。殉職する

性格は若干壊れ気味
ヴィクター・エヌオー・皇帝と居る中で個性を潰しあわないか心配なので登場するかはまだ未定。
分かりやすい序盤に死ぬ雑魚っぽい感じにする。

「殺せ!」「奪え!」「俺が権力を手に入れるんだ!」タイプ。

プレイヤーから見たら、ヴォルケンシュタインのインパクト、地味なヴィクター・エヌオー組、皇帝が親玉か、と思わせつつ、
その辺りがどんどんフェードアウトして行って、「おいこいつらが残るのかよw」的な部分を出したいと思う。


本当に一切明かさない裏設定(明かすと、同人臭くなる、蛇足的な部分が大きくなるから)

テレジアがアネットを物凄く好きだということ

ジェイとアーデルのフラグ(どっちにしろ、暗殺一族の頭領と一国の国の王女だからフラグ立っても話を考えて行けばいくほど、バッドエンドにしかならない二人だが。ジェイが廃業しない限り無理すぎる)

リーヴァの母親がエステル・ヴェガだということ

ダンパの時のリーヴァとヴィクター(少女マンガすぎるから自粛)


とてもどうでもいい美人度ランキング

アネット

エステル・ヴェガ

テレジア

ナディアとチェリース(ヴィクターの配下の女族の女性二人組)

ミオン


どんぐりのせいくらべ
リーヴァ・アーデルハイト・ジェイが格付けする酒場の女の子たち

ふつう
シリンカ チナリ 

未知数
双子

流行を一生懸命追いかけてるやつ
ティーンエイジャーにありがち


デナリ 偉大なるもの
タルキートル


モーパッサンの魅力とは。
自然主義の作家、
アンリ・ルネ・ギ・ド・モーパッサン。
彼はわずか十年の作家活動の間に、
300を超える作品を残しました。
一般に短篇の名手として知られていますが、
長編でも、彼の腕は衰える事がありません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。