タイトル 私立ジャスティス学園
ジャンル 格闘ゲーム+育成シミュレーション
対応機種 PS、DC
外見 男女×顔20種類×学校別
装備 学校によって衣装と身長が異なる
セリフ なし
ボイス あり(固定)
育成 選択肢やミニゲームの成績で成長
元々はカプコンのアーケード対戦格闘ゲーム。
しかしPS移植版で追加した学園SLGが大ウケしたため、対戦面での修正ディスクを加えて「熱血青春日記2」が発売された。
キャラメイク要素は名前、性別、顔、学校の選択に及び、格闘ゲームに登場するキャラクター達との学園生活を楽しめる。
…学園モノとあって恋愛要素もあるのだが、おそろしい事に同性同士のカップリングも可能…早過ぎだろカプコン。
クイズやミニゲームの成績がキャラクターの能力値に直結するため、ある程度上手くないと強いキャラクターの構築は不可能。
またパラメーターの配分によって所有技が決まるため、パラメーターと噛み合わないキャラクターができる事も多々。
しかし何より致命的なのがキャラグラフィック。
…「ソウルキャリバー」が動いていた時代に「スターグラディエイター2」を出していたカプコンです…お察しください。
そこにさえ目が瞑れれば(もしくは対戦部分を完全に無視してしまえば)完成度の高い学園SLGを楽しめるし、
学園SLGに興味がなくても「他のミニゲームが面白い」というユーザーも数多く。
2010年代後半まで中古市場で値崩れしなかったのも頷ける作品。
…ちなみにドリキャス版では簡単なボードゲームになってしまったため批難轟々でしたとさ。
(その代わりと言っては何だが技選択ができる上、超美麗グラフィックで対戦を楽しめます)

シリーズ寸評
Legion of Heroes アーケード版。粗製乱造された対戦格闘の一作。グラも出来もアレな上、濃ゆいキャラクターがオタク受けしなかった。
エボリューションディスク 初家庭用。PS。オマケのはずだったエディットキャラ用学園ストーリー「熱血青春日記」が一般ユーザーに大好評。シリーズとして持ち直す。
熱血青春日記2 PS。ジャス学最盛期。「対戦がオマケ」の逆転現象版。グラフィックは据え置きなので目を瞑ってミニゲームで遊ぶべし。
燃えろ アーケードとDC。3人タッグ。不気味なほどエラが張ったキャラ絵、一方グラは及第点に。熱血青春日記はボードゲーム化。シリーズ最終作。

  • 偏った評価だな -- 名無しさん (2017-08-17 23:43:46)
  • 対戦格闘パートだって結構面白いけどな キャラ差がでかくてダイヤグラムの下位のキャラで上位に勝つのは難しいけど、接待ゲーとして使う程度なら十分 DC版のキャラ絵だって別に不評じゃなかった キャラメイクの板とはいえ適当なこと言いすぎだろ -- 名無しさん (2017-08-17 23:47:49)
名前:
コメント: