タイトル 激闘バーニングプロレス
ジャンル プロレス
対応機種 SFC
外見 選択式
装備 衣装が選べたような
セリフ なし
ボイス なし
育成 パラメーター配分式(成長なし)
ファイヤープロレスリングと鎬を削り合った…と言う訳でもなく、当時から劣勢だった方のプロレスゲーム。
(一応バープロ勢は存在したが、ファイプロ勢とは比較にならなかった…ダイヤルアップ回線時代のHP量ね)
「6人タッグマッチ」「ロープににじりよって関節技をブレイクできる」等、斬新な追加要素が見られたが、
技を5回ほど決めただけでピンフォールが取れてしまう(試合時間3分程度)残念仕様。
キャラメイクはファイプロほどの幅広さはなく、グラフィックもファイプロスペシャル並みなので、
敢えてこれを選ぶ理由は残念ながら見つからない。
(キャラメイク要素がありながらページを敢えて作ってない「実況パワープロレスリング」も同じ理由)
ファイプロは古傷を誤魔化しながらPS2まで戦い抜いたが、バープロはSFC時代に引退。
…まぁ続いててもエキプロとの勝負だからなぁ。英断と云わざるを得ないか。
名前:
コメント: