タイトル ファイナルファンタジー
ジャンル RPG
対応機種 FC PS
外見 あり(せんし、シーフ、モンク、しろまじゅつし、くろまじゅつし、あかまじゅつし)
装備 あり(武器によって変化)
セリフ なし
ボイス なし
育成 レベルアップのみ
「これが売れなかったら会社を潰す」覚悟で作られたバケモノ作品。
セリフを省き、アニメーションだけで語られる戦闘。使うと特別な効果がある武器。超高速で移動する飛空挺…など、
当時の家庭用キッズ達の目ン玉とハートをぶち抜いた「オーパーツ級」。天才ナーシア・ジベリ、おそるべし。
上記6職業から4人を選んでパーティを組み、以降のシリーズとは異なって邪魔な設定や台詞は一切ない。
一方でグラフィックには男女差分がなく、クラスチェンジによってかわいかった彼等も「北斗の拳」化してしまうため、
正直キャラメイクゲーとしてはお勧めできないものの、歴史的価値に触れたいならば十分に触る価値はある。
Wizardry(=その元になったD&D)の影響が色濃く残っている作品であり、当時でも理不尽扱いだった高難易度を誇るものの、
革新的な戦闘アニメーションがストレスをふっ飛ばしてくれるはず。(現代となっては物足りないかもしれないが)
マゾゲー好きな人は「FC版」「実機」「黒魔4人」で是非お楽しみ下さい。

名前:
コメント: