休日よりも平日の方が出す理由


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

休日(土日祝祭日)よりも、平日の方が出す理由を以下に記述します。

1.「稼働率」の違い
平日は休日に比べて、お客の入りが少なく、また1人当たりの遊技時間も短い傾向になるため、全体的に稼働率が低下します。

平日にお客に入りが少ないのは、平日は働いている人の割合が休日に比べて圧倒的に多いため、必然とお客に入りは少なくなります。
 例1)フルタイムで働くサラリーマンは、平日に休みが取れる事が少ない。

平日に1人当たりの遊技時間が短いのは、平日は来店できても時間に余裕が無い人が多いため、稼働時間も短くなります。
 例1)サラリーマンは、仕事が終わってから来店するため、夕方からしか打てない。
 例2)専業主婦は、夕方に帰って来る子供や夫の夕飯の支度をしなくてはいけないので、途中で切り上げる。


例えば、遊園地に行く時・旅行でホテルに泊まる時を思い出して下さい。
平日と休日では、価格が違う事があります。
そして価格が違う場合、必ずと言って良いほど、平日の方が安く・休日の方が高く価格が設定されています。

これは、お店側の立場から見て、平日の方がお客が集まりにくいので、価格を安くしてでも来て貰おうとして、
休日は黙っていてもお客が集まるので、価格を高くして回収しようという動きになる為です。