※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆2011年12月28日

エリー、もかがコミケ参戦のため上京してくることになり、「どうせならぷよ勢オフ会しますかー」という流れで決定した今オフ会。
エリーの献身的な宣伝活動もあり、当日の参加者はなんと10人を数えた。
エリー、もかの他にも、帰省のついでに来た北海道勢なでがたハウス、元ロビー06勢のきの、L字厨のMockun等、レアメンバーの参加も相次ぎ、大盛況となる。
16時頃ミカドに集合し、アーケードぷよ通の対戦を皮切りにオフ会はスタートした。

会社員勢はこの日、仕事納めの者もおり、16時からの参加が叶わないむにむにを始め、何人かは夕飯からの参加の予定になっていた。
19時過ぎにむにむにとMockunが本隊に合流し、事前表明をしていた全員が集合を果たし、腹を空かせた一行は焼肉屋へ向かった。

事前の参加表明では全員が来れば10人の予定となっていたものを、むにむにの「どうせキャンセルする奴がいるんだろ?」という穿った思考のもと、8人で予約していた店に入店する一向。2人が席からはみ出てしまうというハプニングが起きることは自明であった。

最後に入店したのはなでがたハウスとMockun、この二人がハプニングの被害者となる。
なでがたハウスはソファー席を詰めてなんとか座ることが出来たが、Mockunの席は無かった。
主催のエリー、もか、むにむには早々に席に陣取り知らぬ存ぜぬの素振り。正に外道である。
しかしMockunは自ら店員を呼び、椅子の催促を敢行。本線厨らしからぬ素晴らしい催促で、椅子はすぐに到着、背もたれのない椅子ではあったが、何とか席を確保することが出来た。

何とか席を確保した一行はメニューを眺め始めた。
むにむにの予約は「席のみ」であり、飲み放題、食べ放題は付いていないものであった。
次の日のコミケ参戦勢や仕事勢がいたことから、酒は飲まないつもりで予約したむにむにであったが、ふぐたの「焼肉屋で酒飲まないなんてありえないだろう」という実感のこもった言葉に象徴されるように、コミケ参戦勢も当然のように生を注文。
終わってみれば生3杯を空ける普通の飲み会ペースになってしまった。

飲み物の注文を全体で済ませた後、テーブル席二つに分かれたぷよ勢は各々のテーブルで肉を注文を始めた。
最初に飲み物が到着。
主催のエリーに乾杯の音頭をとるよう催促したむにむにであったが、エリーが困窮の末にした挨拶は「じゃあ、えーとかんぱい!」という何とも期待外れのものであった。

酒を飲み始めた一同。しかし何かが足りない。そう、肉だ。
目の前に横たわる七輪はその「肉を焼く」という果たすべき使命を果たさず、その熱気のみを我々に向けてくる。
熱気に中てられた一同は酒が進むが、肝心の肉がなかなか来ない。
ようやく運ばれてきた最初のメニューは、一同を混沌に突き落とす「やみつきキャベツ」であった。
「やみつきキャベツ」をバリバリと食べる音だけが響く。
「うまいけど、肉が食べたい…」
誰かが呟いたその瞬間、肉の盛り合わせが届く。しかしこれは片方のテーブルのみであった。
キャベツだけが置かれたテーブルを囲む4人、打開策、ふぐた、もか、むにむにはキャベツを肴に酒をあおるだけのなんだかよく分からない状態に陥る。
ここでむにむにがもかに予め用意していたプレゼントを手渡した。
ラブプラスの入浴剤と「ときわ町⇒熱海」の切符型キーホルダーである。
もかは大いに喜び、その日宿泊したホテルで早速入浴剤を使用したらしい。

その後、ようやくキャベツテーブルにも肉が供給されるようになり、楽しい歓談と焼肉が続いた。
ぷよの話はあまりしなかった気がするが、ぴあかすの話やアスカの話、アンサガの話など、共通項を多く持つ者同士らしく、会話が途切れることはなく、他の客にも負けず大変盛り上がった。

楽しい焼肉はあっという間に2時間を経過し、宴もたけなわとなった一同はデザートを平らげ、店を後にした。
もかは明日のコミケ参戦があるためここで離脱、残りは再びミカドにもどることになった。

ミカドでは、ほろ酔いぷよらー達によるぷよ対戦が始まった。
夕飯からの参加で16時からの対戦会に参加していないMockunのぷよモチベは凄まじく、通常負け抜けがルールのアーケードであるにも拘らず、席についたMockunは大量に両替した数十枚の50円玉を筺体にぶちまけた。
その姿は「動かざること山の如し」であった。
この日のMockunのぷよは酒の力を借りていたためだろうか、いつも以上に止める技術が冴えわたり、打開策との「NO本線対決」「1連鎖の応酬」は、観る者の頭上に大量のクエスチョンマークを浮かばせた。
全員が「えっ、何それ!?」と動揺した、Mockunの全消しでも何でもないNO LOOK速攻4個消し3連鎖をまともに受けた打開策が放った「今のは上手い」は後世語り継がれる名言となるかもしれない。

茶々を入れながらの楽しい対戦会もあっという間に2時間が経過し、仕事のある打開策が帰宅。
残った面々も終電が迫っているものがいたため、ここでお開きになった。
皆がぷよをしている中、3rdをプレイしていたなでがたハウスを迎えに行くと、横には見知らぬ方が。
話を聞くと3rdの大会を主催しているふがしであった。
思いもよらぬ有名配信者に出会ったMakoやむにむには大いに興奮し、今日一番の笑顔を見せていた。

ぷよ勢+ふがしはミカドを後にし、23時過ぎ、いよいよ解散の段となった。
ここでデジカメを持参していたMakoといるが記念撮影をしようと提案、駅へと踵を返しかけていたふがしを呼びとめ、撮影を依頼した。
ぷよ勢の厚かましい頼みにもふがしは快く快諾し、ミカドを背にし、ぷよ勢の記念撮影を行うことに。

普通に撮影をすればよかったものを、むにむには集合時の目印になるようバッグに忍ばせていたネコミミカチューシャを取り出し、エリーに被るよう要求。
しかしエリーが断固拒否したため、白羽の矢をMockunに向けるむにむに。
Mockunはここで器の大きさ?を見せつけようとしたのか、弄られるのが好きなのかは計り知れないが、自らネコミミを手に取り着用した。

こうして悪乗りぷよ勢の記念撮影は終了し、本当の解散となる。
しかしここで珍しくふぐたが「遊び足りねえ」と呟く。
これにきのも「遊び足りないね」と同調。
駅の改札を前に、2次会の可能性が発生した。

「ふぐた亭」や「Mockun亭」からの裏白駅伝参加を提案するむにむに、きのであったが、二人は頑なに拒否。
2次会はしたいが行く場所が無い、することが無い、という状態に陥り「それなら帰るわ」と帰宅を決めたのが、いる、Mockun。そして次の日のコミケ参加があるエリーも帰宅した。
残ったのはネカフェに泊まるつもりで来たなでがたハウス、テンションの高いきの、そしていつものメンバー、ふぐた、Mako、むにむにの計5人となった。

酒と肉で腹が膨れていたために飲み屋は最初に選択肢から消え、麻雀も提案されたが、5人のため、待機の1人が寝落ちする可能性があるため却下。
しばらくの思案を経て、皆が平均的に楽しめるものとしてカラオケが2次会となった。

忘年会や仕事納めの会社員や暇な大学生の集団でカラオケ会館のロビーはかなり混雑していた。
しかし部屋自体は空いているらしく(店員が回っていなかっただけだった)、10分ほど待機して部屋に案内された。

部屋に着いてドリンクを頼み、しばらくまったりする5人。
ここであることに気づく。部屋がものすごく寒いのだ。
ただ寒いだけではない。明らかに冷風が天井に設置されたエアコンから送られてくるのである。
すぐに暖房に切り替えようと、壁に据え付けられたリモコンに近寄るMako。
何がしかの操作をして得心の表情で席に戻ったMakoであったが、いつまで経ってもエアコンから排出される風は、疲れた我々を癒すような温風ではなく、年を越させまいという、凍死を狙った、邪気に満ちた冷風であった。

おかしいことに気付いた面々に詰問されたMako曰く「このエアコンに「暖房」という機能はなかった」

暖房が無い(本当に無かったかはMako以外リモコンを触っていないため分からないが…)ことを把握していながら「送風」を選択したMakoは、我々の命を狙っていたのかもしれない。あるいは心中。

エアコンの電源を切ることにより一応の対応は出来た一同だったが、室温自体が低かったため、上着を着込んでの「逆サウナ」状態のまま、カラオケはスタートした。

概ね各々が好きな歌を歌う落ち着いたカラオケであったが、むにむに、Makoが無理やりアニソンの流れを作ろうと画策し、きの、なでがたハウスに止められるという水面下の駆け引きが行われていたことは想像に難くない。

ふぐたが「空想ゲーム」を歌ったり、むにむにが配信のテーマ曲としている「Sugar baby love」を歌ったり、随所にぴあかすのオフらしい空気も出ていた。

各人の歌った曲の中で印象深かったものを以下に示す

きの「ロード」THE虎舞竜
なでがた「Feeling Heart」(To Heart主題歌)
ふぐた「正解はひとつ!じゃない!!」(ミルキィホームズ主題歌)「星間飛行」(マクロスフロンティア挿入歌)
Mako「はっぴぃ にゅう にゃあ」(迷い猫オーバーラン主題歌)
むにむに「ハナマル☆センセイション」(こどものじかん主題歌)

カラオケ中、(二郎の影響か)頻尿のむにむには何度もトイレに立つ機会があったが、最初のトイレの際、男性用のトイレに入ったつもりのむにむにであったが、何故かすぐ後に女性が飛び込んで来て個室に飛び込み、嘔吐しだすという珍事に見舞われた。
「これは介抱すべきか?」と思い声をかけようとしたが、何やら呟いているのが中国語であると気づき、恐れをなして逃げ出したという。

2時半ごろ「3時を越えるとネカフェのナイトパックが適用出来なくなる」という言い訳を残しなでがたハウスが離脱。
途中から発生したアニソン縛りの流れについていけなかったためと思われる。
しかしなでがたハウスの歌唱力は他を圧倒し、「北海道ではカラオケくらいしか娯楽がないから…まあ、ガチですよ…」とドヤ顔(ジョニーデップに似ている超イケメン)で語る姿はリア充のオーラを纏っていた。

なでがたハウス離脱後、なおも4人で歌い続けるが、4人になったために回転率があがり、ただでさえ低下している体力に鞭うつような時間が続く。
なでがたのいなくなったスペースを利用し寝ようとするきのや、小気味よくDragon Ashを歌った直後に虚空を眺めだすふぐた、ホットウーロン茶をカイロ代わりにして「温かい…これがあれば…いい…」と虚ろな表情で繰り返すMako等、皆の体力は限界に近付いていた。

しかし皆で歌おうと暗黙の了解になっていた曲があった。
ラストに向けて気持ちを鼓舞する面々は、大量に注文したホットウーロン茶で暖をとりながら戦い続け、そしてこの曲が来た。

斉藤和義「歩いて帰ろう」

「俺たちはもう、帰っていいんだ…」
誰かが呟いたように聞こえた。
午前5時。
お世辞にも若いと言えぬ4人は戦い抜いた。

虚ろな表情で帰宅した4人が昼過ぎまで泥のように眠ったことは間違いないだろう。
こうして日を跨いだぷよオフ会は終了したのであった。