phangrant @ wiki

歴史と学校設立


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法界の歴史

  • 魔法界には主に4つの国がありました。
1つは鉱石がよく取れる 《ジュエリア》
2つ目は星の力を使う 《スターリア》
3つ目は魔法界一自然の多い国 《フラワディーデ》
そして最後に死者の国 《セメンテリオ》

4国は平和で豊かな国づくりを目指し互いに協力をし合っていました。
しかしある日 ≪セメンテリオ≫ が突然 ≪フラワディーデ≫ を襲い、その領土を奪ってしまったのです。
突然の裏切りに戸惑いを隠せない≪ジュエリア国王≫と≪スターリア国王≫ですが、魔の手は≪スターリア国≫に襲い掛かろうとしました。
そこで≪スターリア国王≫と≪ジュエリア国王≫は両国で 『魔法騎士団』を結成 し、≪セメンテリオ≫と戦う事を決めました。
両国の絆と国を思う気持ちがあってか、戦いに勝利し ≪セメンテリオ≫≪ジュエリア≫ に吸収されます。

≪セメンテリオ≫の裏切りの黒幕には 『イディオフィア』 をと呼ばれるネクロマンサーがいました。天才ネクロマンサーと言われていた『イディオフィア』は非常に欲深く、魔法界を我が物にしようと≪セメンテリオ国王≫を巧みに操っていたのです。
戦いに敗れ、『イディオフィア』とセメンテリオ国王は死去、≪ジュエリア国≫となった≪セメンテリオ≫は、ネクロマンサーが多数いた名残からか 『闇の墓地』 と言われ好き好んで近づくものが少ない地域になりました。


最初に襲われた≪フラワディーデ国≫は、≪ジュエリア国王≫ 『ヴァレンツィオーネ』 の計らいにより、≪フラワディーデ国≫として復帰できるようにしてくれました。
≪スターリア≫も大きな被害にあいましたが、 3国が協力 して豊かな魔法界へと戻していきました。






魔法学校設立

先の戦争で結成された『魔法騎士団』の 団長の『グランツ』 は、『イディオフィア』のように間違った道へと進む魔法使いが出ないようにと、魔法の使い方と制御、使い道を教えるため、そして魔法界のよりいっそうの繫栄をという意味も含めヴァレンツィオーネ国王に 【魔法学校設立】を提案
その考えと思いに3国王は同意し、それぞれに魔法学校を設立しました。

まず初めに作られたのは ≪ジュエリア国≫ でした。
校長は騎士団団長の『グランツ』が任命されこれからの未来を担う若者達を育てていきました。
その学校は 、『思い描く先を叶える』 という意味を込めて、『ファントム』と『グラント』を合わせ 【ファングラント魔法学校】 と名づけました。

それに続くようにあと2国も魔法学校を設立、どの国の学校もそれぞれの特色が活かされたすばらしい学校となり、現在まで引き継がれています。

更新履歴

取得中です。